エモーションコードで初心に戻る

アメリカはサンフランシスコ・ベイエリアからこんにちは!
エモーションコード、ボディーコードの認定プラクティショナー、高野ひろ子です。

新しい年が明けて既に2週間が経過しました。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

osyougatu5y3.jpg


さて、今年は、「お年玉企画」と称して、11名のクライアント様に20分間ののエモーションコードのミニセッションをプレゼントさせていただきました。(キャンセル待ちでのお申し込みの方が1名様がいらっしゃったので、当初の予定よりもプラス1となりました^ ^)
セッションを受けてくださった11名様の内、5名様が既に私とのボディーコードのセッションを複数回受けたことのあるリピーターさんで、6名様が初めての方。
エモーションコードのみを使ってのセッションは、セルフケアを除いては、2013年の頭にプラクティショナーとして認定を受けて以来のことでしたし、20分間のセッションでリリースできる感情は多くても4つ程度でしたが、改めて、シンプルなのに的確でパワフルなエモーションコードの素晴らしさを再認識することができました。

セッション中、肉体、エネルギー体に未消化のまま閉じ込められてしまった感情をリリースするプロセスの中で、

心も体も軽くなったとおっしゃる方、

浄化の涙を流される方、

ぞくっと鳥肌が立ってしかたないとおっしゃる方、

身体中が燃えるように熱くなる方、

感動で震えが止まらないとおっしゃる方
etc・・・

たった20分間の”お試し”セッションではありましたが、どなたもエモーションコード効果を感じ取ってくださったようです。


昨日、【お年玉】セッションの全スケジュールを終えた今、いつも使っているエモーションコードの根幹となるシステム、ボディーコードも内臓や内分泌、深層心理とやチャクラ、栄養や睡眠、外的なエネルギーアタック(憑依)等、広範囲にわたっていて素晴らしくパワフルなんですが、感情のみにスポットライトを当てるエモーションコード単体だけでも十分だなぁ・・・な〜んて思っているぐらいです(^_^)v

2017年の初めに、初心に戻ってエモーションコードと向き合う機会に恵まれたことに心から感謝!
そして、今年は、もっともっとエモーションコードを広めていく!!と心新たにいたしました。

セッションに興味ある方は、ページ右にあるプロフィールからピンときたプラクティショナーを選んで、ぜひコンタクトをとってみてくださいね。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


エモーションコードとは?
http://innerhealer.blog.fc2.com/blog-category-2.html
エモーションコード関連のブログエントリー
http://innerhealer.blog.fc2.com/blog-category-4.html




広がりゆくエモーションコード、ボディーコードの輪

クリスマスカラーで町中が彩られたアメリカはカリフォルニア、サンフランシスコ・ベイエリアからこんにちは!
アメリカ在住のボディーコード認定プラクティショナーの高野ひろ子です。

2016年も残すところ後10日ほどとなりましたね。
皆さま、どんな一年をお過ごしになりましたか?

今年は、日本(語)人のエモーションコード、ボディーコードの認定プラクティショナーが、新たに複数名誕生したとても嬉しい年になりました。


私がエモーションコードというヒーリング法の存在を知ったのが2012年春。
その後、エモーションコードのプラクティショナーとなったのが翌2013年の1月。
引き続き、ボディーコードのプラクティショナーとして認定されたのが同年10月頃。

その当時、私の周りにエモーションコード、ボディーコードを知ってる人はほんのパラパラ程度。

ましてや日本(語)人プラクティショナーといえば、周りには誰もいませんでしたから、
何気ない、ランダムなネット検索でシンガポール在住のプラクティショナー、吉田理美さんを見つけた時の
驚きと喜びといったら言葉では表現不可能!
今でもその時の『やっと仲間を見つけた!!』という感激、胸の高鳴りを鮮明に覚えています。

その後、20年来のお知り合いで、私がエモーションコードの勉強をしていた時に、練習台になってくれた、
ロンドン在住の中川佳英子ちゃんがエモーションコード、ボディーコードファミリーに加わりました。

以降、日本(語)人プラクティショナーが徐々に増えて、今では、知っている限り、
エモーションコードは9人、ボディーコードは5人で合計14人となりました!

まだまだ隠れていたり存じ上げない日本(語)人プラクティショナーがいらっしゃるかもしれませんから、
ゆっくりではありますが、確実にその素晴らしさが日本中、世界中に広がっていっているのでしょう。

さてさて、来年は、より一層の広がりを見せてくれるでしょうか・・・
もう少しスピードアップしてほしいなぁと思うのは、欲張りかな??

Happy Holidays! 皆さま、どうぞ良いお年をお迎えくださいね!


Dr-Brad-childs_play_b.jpg
”私達はエネルギーヒーリングをよりパワフルにし、かつ子供にもできる位に非常にシンプルで簡単にした” 
by Dr.ネルソン(和訳:高野ひろ子)



自分自身を信頼する

恵みの雨降るアメリカはカリフォルニア、サンフランシスコ・ベイエリアからこんにちは!
ボディーコード®︎プラクティショナーの高野ひろ子です。

今年の後半に入ってから、
日本語でセッションができるエモーションコード®︎のプラクティショナーが、
日本、イギリスとカナダで新たに誕生しました。

また、クライアントさんの中でも、
プラクティショナーとのセッション以外に、
セルフ・メンテナンス的にエモーションコード®︎のセッションを
自分自身でしておられる方も何人かいらっしゃるようで、

ゆっくりとではありますが、確実に
エモーションコード®︎輪が
広がっていくのを感じています。

これからの展開がとっても楽しみですね〜^ ^


さて、最近、セッションをさせていただき感じるのは、

以前とは比べ物にならないほど多くの方が、
自分自身の内側に響く声、
体からのメッセージを
しっかりとキャッチしておられる


と言うこと。



例えば、先日、連続して3名、
「カフェインの害」が体に長年にわたって蓄積されており、
それが原因となって心身に何らかの不具合が生じている
と言うことがボディーコード®︎のチャートで分かった方が
いらっしゃいました。

20161016_cafein-j.jpg


とても興味深いと感じたのは、
三人三様の感じ方と対処の仕方です。


お1人目は、まったく自覚症状なし。

これは、これまでの大多数を占める反応です。


お2人目は、最近になってから自覚症状があったけれど
カフェインの摂取を止めずに続けておられた方。


セッションで結果が出る前から、コーヒーやお茶、チョコレートを口にすると
必ずといって眠れなかったり、胸苦しくなったり、お腹を壊したり等
既に『なんか変だなぁ』と感じていらっしゃったそうです。


3人目の方も2人目の方同様、
カフェインの影響を感じていらっしゃいましたが、
セッション前から体の声をキャッチして、
コーヒーやお茶、カフェインの摂取を一切ストップ。


それにより心身の不調がかなり改善していたそうです。


セッション後、

自覚症状がなかったお一人目の方には、

体は、様々な心身のアンバランスを教えてくれる
大切な翻訳機であるから、
もう少しだけ体に意識を向けて
メッセージをキャッチするよう
心がけてくださいね


とお伝えしました。


自覚症状をキャッチできたけれど、
それに対して特に何もしなかった方からは、

『コーヒーやお茶、チョコレートは
生活になくてはならないもので、
いくら期間限定でもきっぱりと止めるのは
難しい・・・量を減らすことで対処できますか?』


体からのメッセージを受け取って従った人からは、

『本当にそれで良かったんでしょうか?』

と言うご質問をいただきました。


皆さんならどうお答えになりますか?

きっぱりと止めなさい!それとも、どうぞお好きに?


私からのお答えは、こうです。


『すべてはご自身の選択であり、
間違いも正しいもないと思いますよ。

ご自身の体からのメッセージが
しっかりとキャッチできているので、
それを無視せず、
ご自身の内側に向けて

”どうしてほしい?”
”どうしたら、軽く、楽になる?”
と問いかけてみてください。

きっと答えが返ってくるではないでしょうか?』



物事、自分自身の選択に
”正しい”や”間違い”がなければ、
結果によって振り回されたり、
自分を責めることはないでしょう。


『あっ、ちょっと違うかも??』

と感じたら、すぐに方向転換して
次なる選択をする。

ただそれだけです。


そして、

大切なのは、

自分自身に意識を向けて
体や内側からの声をキャッチすること、
その声を信頼すること。



それには、ある程度のトレーニングが必要で、
筋トレを重ねるたびに
強く太くしなやかになっていく筋肉と同じ。

2016_kintore.jpg

トレーニングをしてもしても
まだまだ「信頼」を妨げる何かがあると感じたら、
ボディーコード®︎、エモーションコード®︎でリリースしましょう!!


”あなたの師は、あなた以外に存在しません。”




英国ロンドンよりこんにちは!

皆様、初めまして!


イギリスのロンドン在住の加古百合子と申します。2016年8月にエモーションコードの公認プラクティショナーとなりました。


エモーションコードとの出会いは、2015年の秋。イギリスのロンドンで、このブログでも執筆している中川佳英子さんのセッションを受けたことがきっかけです。初めてのセッションのあと、「私が長年求めていたのはこれだ」と強く実感したのを覚えています。半年ほど定期的にセッションを受け、とにかく様々な日常のことに改善が見られました。そこで、今後の自分のメンテナンスのためにもこの方法をしっかりと勉強したいと思い、翌年資格を取得。


大学卒業後は、日本、イギリスの両国で会社員として様々な業界に携わりました。仕事にも面白さを感じ、同僚にも恵まれていましたが、それと同時に常に自己肯定感の低さ、恐怖心、そしてひどい肩こりや疲れやすさなど、様々なストレスを抱えて生活していました。それが過去の経験に関係していることはわかっていたのですが、それをどうしたら解決できるのかがわからないまま何年も過ごしていました。その間。カウンセリングや服薬、各種セラピー等いろいろな方法を試し、効果を実感できたものもありましたが、決定打とはならず。


そんな中で出会ったのが、エモーションコードでした。
初めは半信半疑でしたが、約半年間定期的にセッションを受け、たくさんの驚くべき効果を体感しました。自分にピッタリの方法に出会えたことで、人生が変わるきっかけとなりました。


この経験から、エモーションコードをしっかりと勉強したいと思うようになり、資格を取得して公認プラクティショナーとなった次第です。私のゴールはシンプル・・・それは、私がエモーションコードと出会って得られた効果を、他の方にもお伝えしていくことです。




現在はロンドン市内での個人セッションのみならず、スカイプなどを利用した遠隔セッションでイギリス、日本を始め、世界中の方々とセッションをさせていただいています。



どうぞ、よろしくお願いいたします。




加古百合子

「お金」の話。

大変ご無沙汰しております。
サンフランシスコ・ベイエリア在住のボディーコードプラクティショナー、高野ひろ子です。

本日は、「お金」についてのお話をさせていただきます。

money_20160410_2.jpg

1ヶ月ほど前でしょうか、
クライアント様からの以下のようなご相談が集中した時期がありました。

『精神世界系の本や講演会で、目や耳にする
”お金はどんどん使って回しなさい”
という言葉を信じて、
積極的に実践しているけれど、
出しても出しても戻ってこないんです・・・どうしてでしょう?』

え〜?!う〜ん、おかしいなぁ・・・

すべてのエネルギー同様、
「お金」の性質から考えて、
出せば、空きスペースに自然と戻ってくるはずなのに・・・

と、その時、

「Joy (喜び)」

という言葉が、
暖か〜いバイブレーションと共に、
ハートのあたりに浮かび上がってきました。

あっ、そうか!!

そこで、逆に、私からご相談を受けてクライアントさまに向けて次の質問をしてみました。

『現在の生活を支えているお仕事は、
ハートが喜ぶものですか?
夢中になれるものですか?
たとえ止めろ!と言われても、
決して止めることのできないものですか?

『全くお金が発生しない、完全なボランティアだったとして、
無条件で、今のお仕事が続けられますか?』


これらの質問に対して、
クライアント様が、例外なくハッとされたのがとても印象的でした。



そう、

「Joy (喜び)」

こそがキーワードなんです!

「Joy (喜び)」と共に稼いだお金を
「Joy (喜び)」と共に送り出すと
また「Joy (喜び)」と共に戻ってくるでしょう。

時には、
『あそこはJoy (喜び)がいっぱいの使い方をしてくれるよ〜!』
ってお金がお友達をたくさん連れて戻ってきてくれるかもしれません(^ ^)


以前の私もそうでしたが、


お金は、”汗水垂らして苦しんで必死にならないと得られないもの”

というイメージや観念を持ってらっしゃる方は割と多いのではないでしょうか。

そして、それが根強く潜在意識にどっしりと腰を下ろした結果、
お金を稼ぐためには、

「好きなこと」は、趣味程度にしておかなくてはならない
さほど好きじゃない仕事でもしなければならない
甘い夢を追いかけてないで、もっともっと頑張らなくてはならない


という〜ねばならないという罠に
どっぷりとはまってしまうような気がします。

同時に、

お金に対する〜ねばならないという観念のお陰で、

さほど好きでもない仕事でも、
一生懸命、歯を食いしばって極限まで自分をプッシュし、
その対価としての収入を手にすることができるし、
片目、または両目をつぶって我慢しさえすれば、
無茶苦茶な使い方をしない限り、
お金に困る心配はないでしょう。


まぁ、そんなある意味大きなメリットもあるから、
なかなかその観念を手放すことができないのでしょうが・・・(⌒-⌒; )



やりたくてやりたくて仕方ないこと、
ただただ心から楽しんで
夢中になってできるのが
お金を得る手段、お仕事だったとしたら、
まさに、日々「Joy (喜び)」そのものですよね。

どうせだったら、
汗と涙の匂いがするものよりも
喜びとワクワク感でキラキラ輝くものを
循環させていきたい ( ´ ▽ ` )ノ
と心から思います。


さて、いかがですか?
皆さんは、「Joy (喜び)」の循環、されてますか?



GO TOP