ハートウォール、その後

みなさんこんにちは!すっかり肌寒くなり、グレーな秋本番のロンドンから再びカエコがお伝えしております。

先週、遺跡のようなハートウォールと題して、2年越しに(そう!二年未満でした。後でも詳しく触れます。)リリースできた私のハートの壁についてお伝えをしたところです。さて、その後日談として一つみなさんとシェアしたい内容があります。

先週金曜日に、奈良美智さんの個展へ行きました。ロンドンはBloomsburyというちょっとアカデミックなエリアに新しくできたギャラリーでの個展でした。私は彼の作品は好きでしたが、「かわいい」のがメインでそんなに深く感じたことはありませんでした。ちょっと表面的な感じでお洒落なコレクターが買うんだろうな、ぐらいな。今回も奈良さんのタッチで描かれた女の子たちがたくさんありました。中でも大きい一つの絵画の前で私は立ち止まりました。その女の子の瞳はキラキラしていました。奈良さんは色々なモチーフを限られた瞳という空間に描き込まれていました。すると、絵からもくもくと煙が出てくるかのように私は絵の持つオーラ?みたいなのにくるまれていました。絵と私の間に「ほわぁ〜ん」と宇宙ができたかのようでした。平たく言うと感動しちゃったんですね、私。思えば、美術館やギャラリーに足を運んだのは美術教師を辞めて以来、初めてでした。

IMG_5282.jpg

(私がド感動した作品は正面の作品ではなく、左の壁にかかっていたもので、ここには写っていません。)

美術教師としての仕事を頂いた時、(自分の)好きな事を仕事にできて良かったね!みたいな風に言われました。自分でもそうなんだと思い、美術教師として10年ほど働いていましたが、学校で働くというのはそんなシンプルなことではありません。私の好きな事なんて10%ぐらいです。微妙だなぁと感じながらも、適当にごまかしながら働き続けるうちに私のハートウォールは、着々とその要塞としての役目を果たしておりました。その期間約10年。もちろんその間にあったかけがえのない出会いや今も続く人間関係やそこから得たものは大切にしていますが、いつも自分に嘘をついていたわけですから、やっぱりよくなかったわけです。美術教師をやっていたころは毎週のように美術館、美術展、ギャラリーへ足を運んでいましたが、決して今回の「宇宙を感じる」クラスの感動はしていませんでした。そんなこんなをする内に、私の中で本来ならば大好きだったはずのことが、段々煙たい存在となり、「他のことでも良かったかな」とまで思うようになっていたのです。その頃には鉄板のようになっていた私のハートウォールには、その影で涙する私自身の気持ちが見えなかったわけですから。だから美術教師を辞めた時には、ギャラリーへも美術館へも全く興味が失せてしまい、足が向かなくなっていました。

エモーションコードには私が美術教師を辞める少し前に出会いました。それが約2年前。もう随分前のような気がしていましたが、まだ2年未満でした。私はつい最近になってやっと「もう自分を偽らなくて良いんだ」、「弁解しなくていいんだ」と心から自由になれた気がするのです。だからこそハートウォールを取り除くことができました。それだけ、このハートの壁というのはエモーションコード/ボディコードでも重要なプロセスなのです。 しかしながら、実際のセッションでも一度に、サクっとハートウォールが取れないクライアントさんはいらっしゃいます。元々要塞の意味があるのですから、準備が整っていない場合は取れないのです。もし、ご自分でハートウォールを取ろうとされている方や、プラクティショナーとセッションをしたけど取れなかった方がいらっしゃったら、どうか急がないでください。ボディコードもエモーションコードも、その効果やスピードには個人差があります。取れない場合は取らない方が良いのです。きっとその時は訪れますから。完全にとれるまでのプロセスに学びがあると私は感じています。


遺跡のような私のハートウォール

ご無沙汰しております。2週間のアメリカ旅行から戻って来たカエコがロンドンから書いております。

はい、今回は久しぶりにアメリカへホリデーに行っておりました。東海岸はニューヨークと西海岸はカリフォルニアです。それにしてもジェイZのEmpire State of Mindは本当にニューヨークのエネルギーが漲っているなぁと思いました。私は、since I made here, I can make anywhereというところが好きです。

本題です。今回初めてシャスタへいくことができました!旅の友はサンフランシスコ在住のプラクティショナー、ひろ子さんです。みなさんもご存知かと思いますがシャスタのことを知り尽くしているといっても過言ではない方ですので、とても充実した旅になりました。

シャスタではよく水の近くへ行く機会がありました。湖がたくさんあり、私が居住するロンドンでは決してみることができない景色と空間を前に色んなことを考えました。詳細は私のブログに書きましたので是非ご覧ください。

帰って来てから2日しか経っていないのにも関わらず、色んなマジックが起こってます。まず、気に入っていたアクアオーラのリングが消えたこと。ロンドンで毎日身につけていたパワーストーンのリングを2つ持っていったのですが、NYに着いてから全く身に付ける気になれずずっとバックパックにしまっていたのに…。それとは逆に、2年半前、転職をした時に頂いた茶色の天然石がポロッと出てきました。この茶色い石は小さくてずっと無くしてしまったと思っていたものでした。ひょっとするとこの茶色の石からインスピレーションが来るのかもしれません。

IMG_5209.jpg


次に、それまでフツーにロンドンで食べていたものがおいしく感じられないこと。それはイギリスだからじゃないですかーとかさらっと言われそうですが、違います。キッパリ。
イギリスだって美味しいものは美味しいのですから。この場合、何か味というより食べ物にエネルギーを感じないんですよ。っていうと料理してるのは自分だからアタシが悪いのか?!ということにもなりかねませんが、素材なんですよねぇ、私が言ってるのは。これは問題です。良いエネルギー満載の美味しい食材を探さなくては!

最後に、ハートウォールです。また、というか完全に取れていなかった壁が見つかりました。厚さにして3センチ。ぷっ、まだありましたか?と自問自答してしまいました。まるで、どこかの砂漠にありそうな遺跡のようですが、私の壁は雨ニモマケズ風ニモマケズ残っててくれてたんでしょうね、私のために。しかしながら自分では外れてると思ってましたからびっくりです。今日見つかった遺跡のような私のハートウォールは3つの囚われた感情からできておりました。最初にハートウォールを崩しにかかったのは3年前。この間、私はずっとこの日を待っていたわけですよ。というわけで自分に乾杯、おめでとう!そして今まで頑張ってくれた壁にありがとう。


チャクラリーディング、Solar Plexus 〜ハートの壁をとってから〜

ロンドンから佳英子がお届けします。

さて、私はタロットカードも使います。

最近はチャクラリーディングをして自分の日々の生活をチェックしてます。

チャクラリーディングは健康管理の一環としてやっています。

さて、私は小さいころからすぐにお腹が痛くなる子どもでした。ご飯の時、1人で何かをやらなければならない時…。そんな時、横になったりすると治ったのですが、16歳ぐらいからこの症状がパタッと減ったのです。

今思えば、ハートウォールが完成したのがその頃だったのかなーと思います。リンク先にエモーションコードのタームであるハートの壁についてのわかりやすい説明が、公認プラクティショナーの1人、高野ひろ子さんが書いてくださってます。

さ、腹痛。この明らかなまでに心の作用による腹痛は、第3のチャクラであるSolar Plexusの影響だったと先週気がついたのです。

きっかけは、私のタロットの師であるアブリルの言葉。「ここ(第3のチャクラ)はね、守っとかないとエネルギーが持ってかれちゃうのよ…。ま、それだけじゃないけど、私たちサイキックって呼ばれる人間は大きい(やや太り気味)なのよ。」と。彼女曰く、脂肪の壁で第3のチャクラを守ってるらしいんです。「ま、一応ズンバとかやってるわよ…」と小声で付け加えてましたが…。

これを聞いてなるほど、と。

第3のチャクラは、「二つ目の脳」と呼ばれる存在。アブリル曰く「私たちが恋に落ちる時もここを使うのよ」だそうな。他にも意志や直感を司るのがこのチャクラの特徴。

エモーションコードでハートの壁を取っ払って以来、特にお昼ご飯を食べる前後にあのいやーな感じの痛みが戻ってきたんですね。その時は、「ストレスかな」ぐらいに捉えてましたがこの話を聞いて即座に、エモーションコードのハートの壁とSolar Plexusが繋がったわけです。

この時に引いたカードがソードの3。

swords3.jpg

それはもう、とってもブルーなカードでした。心(ハート)にぐっさり突き刺さる剣。私たち、人間のキャパを試すかの様な試練。雲行きも怪しいです。どん底から立ち直らなくちゃぁならないわけです。しかし、そんな時にこそキャパはストレッチされる…つまり解放へのステップ。

落ち込みつつも、出勤前に「(お腹に脂肪はそんなにないけれど)私には厚ーい鉄板があるさ」と信じてから出かけるようになりました。幅のあるベルトもしてみました。
こうやって意識をするだけで全然違うんですよね!この頃は、戦車やワンドの6なんかも出るように…。と、同時に肌身離さず持ち歩いていた胃薬が要らなくなりました♡

GO TOP