Auric drawing

Auric drawingなるものに、近頃ハマっています。

これは、相手(人間、動物、植物)から感じるエネルギーを、色と形で表すものです。

元々アートがバックグラウンドの私にピタッとハマるこの方法、楽しいです。

今日は友人宅へお邪魔して、友人を相手にこれをやってみました。

目を閉じると最初に天使の羽のような形を感じました。ポイントは天使の羽が持つ一般的なイメージよりも、私や彼女にとってどんな意味を持つのかというところ。

頭の中で考えていることが、どんどん変わるらしく、感じるイメージも変わっていきました。

完成したらまず、私がメッセージを感じ取る。それから彼女にも感じ取ってもらうのです。お互いに話すうちに、テーマが見えてくるのです。IMG_0042.jpg


この写真は、別の対象で行ったものです。細くて白い乾燥した木のようなものが、美しいけどちょっと危険な炎にのまれていくようなイメージ…なーんていうと、ドキッとしますが、これは過去に起きた出来事を思い出しているのです。

すごく、楽しいです。

エモーションコードとは?#4



悪性で有害なエネルギー、囚われた感情を特定し取り除くエモーションコードは、エネルギー体の“外科手術”です。


アメリカは北カリフォルニアからこんにちは!高野ひろ子です。
これまで3回にわたってご説明させていただいた【エモーションコード】、いかがでしょうか?ご理解いただけましたでしょうか?

実際のセッションをした際によくクライアントさんの口から出るのが、『えぇ?!こんなに簡単で本当にいいの?』というコメント。そして、身体が軽くなってすっきりしたことはしたけれど、何だか実感がなくてとセッション直後におっしゃることがあります。
囚われた感情のリリースは、ギター等、楽器の調弦(チューニング)、また周囲の雑音とは真逆の音をスピーカーから発することで、音波同士が打ち消し合って聴こえなくなるという原理を使ったノイズキャンセリングのヘッドフォンに似ています。ですので、実感がなくとも、ネガティブなエネルギーを『リリースする!』というポジティブな意図のエネルギーで置き換えるというプロセスは、微細ですが、必ず行われているので、ご心配なく!

さて、「エモーションコードとは?」の最終回は、セッションを受けた後の注意事項、アフターケアについてご説明いたします。

************************

◆エモーションコードのセッション後、特に注意することはありますか?

私たちの中にある、悪性で有害なエネルギーを特定し、それらを取り除くエモーションコードは、エネルギー体の“外科手術”です。
実際に腫瘍を取り除く手術をしたとして、術後は、外科医のアドバイスに従い、少なくとも数日間は安静にして回復を待つのではないでしょうか。エモーションコードを行った後もまったく同様です。 手放した感情を肉体がプロセスするのに、通常2、3日かかりますので、あなたのエネルギー体が自然に自らバランスを取り戻すよう、たくさんの水を飲み、健康的な食生活を心掛け、十分な休息を取ってください。

セッション後、多くの方が晴れやかな気分になりますが、ごくまれに眠りのパターンの変化(通常よりも長時間寝る、頭がさえて眠れない等)を体験したり、鮮明な夢を見たり、感情の浮き沈み(通常よりも涙もろくなる、怒りっぽくなる、リリースした感情を追体験する等)を感じたりすることがあります。これは、正常なヒーリングパターンですので心配しないでください。そして、自分自身を裁かず、ゆったりとした気持ちで過ごすようにしてください。



tec_bookcover.jpg


エモーションコードとは? #3


“ハートの壁”を長期的に持つということは、防空壕に住んでいる状態に似ています。
防空壕は「爆弾」からあなたを守ってくれますが、その中で生き続けた場合、世の中から切り離されて
寂しい思いをするでしょう。また、さらに進めば、心臓病、あるいは他の心臓の病気を患うかもしれません。



アメリカは北カリフォルニアからこんにちは!高野ひろ子です。
「エモーションコードとは?」の第3回目は、私達を世の中から切り離し、またさらに進めば病気の原因となりうる“ハートの壁 (ハートウォール: Heart-Wall)”についてご説明します。

heart-wall-pic.jpg


先ずはその前に、まだまだご存じの方が少ないだろう、“知られざる(!?)”心臓の機能についての面白いお話を少しだけシェアさせてくださいね。

心臓(ハート)といえば、血液を送り出す臓器というのは周知の事実ですが、実は、それ以上の機能、知性を持った「小さな脳」、“ハートブレイン(心臓の脳)”でもあることが科学の世界で実証されているんです。
例えば、心臓移植をした人が、以前は全く興味のなかったクラシック音楽を毎日大音響で聞くようになり、不思議に思ってドナーを調べてみると、プロのコンサート・バイオリン奏者だったという話があるぐらい、心臓は、脳のように、さまざまなことを記憶するとも言われています。

以下、アーヴィン・ラズロ、ジュード・カリヴァン著の『CosMos』からの引用ですか、そこからも心臓が知覚でき、知性を持っていること、また心臓が脳をコントロールさえしていることがわかるでしょう。

「1970年代、生理学者であるジョンとベアトリスのレイシー夫妻は、シグナルは脳から心臓へ送られるだけではなく、心臓のほうから脳へも送られることを発見しました。ただし、前者(脳から心臓へのシグナル)の場合、心臓はシグナルについて考慮しつつもそれに従うとは限りま せんが、後者(心臓から脳へのシグナル)の場合、脳はきちんと従うのです。その後、心臓自体に少なくとも4万 のニューロンからなる神経系があることがわかりました。脳のさまざまな皮質下中枢と同じほどの規模です。・・・
楽しさや喜び、愛といった前向きな感情は精神に起こるのではなく、心(ハート) から生まれてきます。こうした感情には、絶えず広がりつつある気づきのレベルで私たちを全一世界(ホールワールド)に結びつける能力があります。」


頭の脳は、いろいろな方法を考えて目的を達成するのが得意ですが、その目的はハートの脳から生まれてきます。
新たなスタートを切る前、何かを選択、決断する時によく耳にする「Follow your heart.(あなたの心、ハートに従いなさい)」の言葉通り、何も考えず、ジャッジもせず、ただ心臓に手を当てて尋ね、ハートからの感覚を感じていれば自然と答えはやってくるはず?! でも、ハートを「感じられない!」とか「感じるにはどうすればいいのか??」等、思考のおしゃべりが大音響で流れてくるので「ハートからの声が聞こえない!」とおっしゃる方がたくさんいるかと思います。そんな、ハートを感じるのを妨げているのが、今日のテーマ、“ハートの壁”。それが邪魔をしているからなのです。

************************

◆“ハートの壁 (ハートウォール: Heart-Wall)”ってなに?

「心痛」という言葉があるように、 感情的な苦しみや痛みを経験した時、私達の心臓は、実際にキュンとしたり痛んだり、害されたり傷つけられたりすることがあります。そして、それら苦痛を2度と体験しないよう、自分自身を守るため、体中にある何にも使われることのない最も過剰なエネルギーである“囚われた感情”を使って心臓 (ハート) のまわりに「壁」を創り出すのです!

◆“ハートの壁”はどのようにすれば取り払うことが出来るの?

あなたが自分自身を心的苦痛から守るために創り出した “ハートの壁”は、たとえそれが不必要になったとしても、残念ながら自ら姿を消してはくれません。 しかし、エモーションコードを使い、“ハートの壁”を創り出しているひとつ一つの“囚われた感情”をリリースすることで完全に取り払うことができます。“ハートの壁”が消えることにより、あなたは、真の豊かさと愛を手にし、ハートから生きる喜びを感じるでしょう!


tec_bookcover.jpg
〈参考URL〉Institute of HeartMath http://www.heartmath.org/ 



#4につづく・・・


夢から知ること

こんにちは、ロンドンから佳英子が書いています。

昨日の朝、目覚めるとすご〜く嫌な汗をかいていました。
もちろん、原因は悪い夢。
今回は二本立ての悪夢。

タイトルは「腕時計の針が外れる」、「満員電車に詰め込まれる」。

夢の解釈はインターネットで調べればいくらでも出てくるけれど、今回は自分で答えを探してみることにしました。

いつもは自転車ごと電車に乗って、会社の最寄り駅からまた自転車を15分ほどこいで通勤をしています。
でも、今日は歩いて電車に乗りました。自転車ならすぐの道も30分以上かかりますが、この日の朝はリラックスすることが大切だと感じたのです。

電車に乗って座り目を閉じて自分の身体の中央から、太い木の幹が伸びていくところ思い浮かべました。それからぼんやりと、夢について思い浮かべます。自分が受け取るべきメッセージは何だったのか感じてみました。考えずに感じる… 。

なーんにも感じないままに、6駅ぐらい過ぎ… 。
次の次で乗り換えよ、というタイミングで「go slow」が浮かんできました。

そうか〜、私は頑張りすぎてたんだな〜。思えば新しい職場で、全く新しい業種なのに、早く自分を証明したくてがむしゃらだったな〜とか色んな気持ちが湧いてきました。

いつもの駅に着き、本当ならサクサク歩いていくところ、今日はわざとゆーっくり歩いてみました。
いつもなら、電車に乗ったり自転車をこいで向かっている時点で、その日の仕事内容を反芻したり、起こりうる嫌な状況を思い浮かべてみたり… 。その上、ご丁寧に起きてもいない嫌な状況のために解決策を練ったり… 。

ずいぶん不必要なことに時間を費やしてたんだな〜私。

e.jpg













エモーションコードとは? #2



「日にち薬」とか「時間が解決してくれる」って言葉、本当なのでしょうか?
どんなにネガティブな感情や体験も、時の経過と共に、いつかは記憶から消し去られてしまうのでしょうか?



アメリカは北カリフォルニアからこんにちは!高野ひろ子です。
「エモーションコードとは?」の第2回目は、もう少し具体的に、どのようにしてネガティブなエネルギー(“囚われた感情”)をリリースしていくのかをご説明いたします。 が、その前に、エモーションコードとは切っても切り離せない【意識】について、少しだけお話させていただきますね。

私達は皆、【顕在意識】【潜在意識】という意識を持っていて、それらは全く切り離されたものではなく、常に連携しながら働いています。
【顕在意識】は、私達が自分で意識出来る領域。頭で考えられる意識層で、全体の意識領域の10%にも満たない部分で活動しています。それに対して【潜在意識】は、意識領域全体の90%以上を支配しており、その一部は生命を維持するための指令(呼吸、食物の消化、血液循環、ホルモンの分泌、内臓運動)を出したり、日々の生活における条件反射的な動作・感情などを指令する役割を持っています。また、さらに【潜在意識】には、他の人の潜在意識や物質意識と繋がるという無限の力と、今までに学んだり経験したこと等の全ての情報、行動、感情などをそのまま受け取り記憶していくという役割を持っており、死後も存続し続けるそうです。

ということは、冒頭の言葉は、【顕在意識】の上では正に真実!どんなに痛々しくてショッキングな出来事でも、時間が経つことで、【顕在意識】は、何もなかったことのように記憶から抹殺(ブロック)することも多々ありますよね。しかし、いくら【顕在意識】(頭)では、忘れてしまっていたり、なかったことにしている過去の記憶や感情も、【潜在意識】の中にはしっかりと溜めこまれていき、時にそれらが人生をフルに生きるための妨げになったりすることも。そう考えると、エモーションコードでネガティブなエネルギーを、ドンドンと意識的にリリースしていくことの大切さがますます身にしみて理解できませんか?

************************

◆“囚われた感情(トラップトエモーション:Trapped Emotion)”ってどんなもの?

“囚われた感情”とは、肉体やエネルギー体等に閉じ込めてしまった、過去に起こったネガティブな出来事に起因する「怒り」「悲しみ」「不安」等のネガティブな感情、未消化のエネルギーです。サイズでいうと、野球のボールからメロンぐらいの大きさをしており、エネルギーに敏感な方であれば、それを実際に手で触れて感じることができます。
“囚われた感情”は、ネガティブで破壊的な波動を出しています。そして、宇宙の引き寄せの法則にのっとって、そのネガティブなエネルギーと同調する問題(「絶望」や「心配」等)を人生に引き寄せ、あなたのエネルギーを枯渇させ、人々を愛や幸せから遠ざけて疎外感を感じさせると同時に、身体の痛みや不調、病気を引き起こす可能性があります。

◆どのようにして“囚われた感情”を特定するの?

“囚われた感情” は、感情を特定するためには、先ず、あなたの【潜在意識】と繋がります。次に、感情のチャート(※1)と筋力テストを使って【潜在意識】に尋ねる形で特定していきます。
(※1)感情のチャートは、Dr.ネルソンの著書「Emotion Code」をご参照ください。

◆筋力テストとはどのようなものですか?

筋力テストのメカニズムは、“嘘発見器”、あるいは、呼吸、脈拍、血圧など複数の生理現象を計測、記録する装置、“ポリグラフ”に似ています。
“ポリグラフ”では、人は敏感な電極につながれて質問に答えます。その答えが、真実であるか否かは、身体から生成される電気的応答を機械が読み取り、グラフとして示されることにより判断されます。これは、とても繊細かつ精密なプロセスです。
私たちの筋肉も同様に、この電気的な状態に影響を受けて反応します。筋肉は、あなたが、あなた自身の意志や本当の思いに反する虚偽の状態では、その力を弱めます。反対に、あなたがあなた自身に対して真実の状態にいる場合には力を強めます。
筋力テストは、自分自身に適切な質問をしさえすれば、“ポリグラフ”以上により明白に、健康に関する重要な情報にアクセスすることを可能にしてくれる、身体中のアンバランスを識別する大変有益なツールです。

◆筋力テストで特定した“囚われた感情”を、どのようにリリースするの?

“囚われた感情”は、一旦特定されてあなたの意識に上がって来るやいなや【潜在意識】という内在するデータベースから身体の外側へと浮上し始めます。先ず、『特定された“囚われた感情”をリリースする!』いう強い意図を設定。次に、その“意図のシグナル”をマグネットを使って私達の肉体にある、鍼灸治療でも重要視されるエネルギー貯蔵所、経絡(けいらく:ツボ)を通して体内へと送り込むことで即座に体全体に流れ込み、行き渡った結果、“囚われた感情”はリリースされます。

◆“囚われた感情”を、リリースするのに、どうしてマグネットを使うの?

虫眼鏡が、太陽の光と熱を集めて火事さえ起こせるのをご存知ですよね?
マグネット(磁石)もちょうど同じように、あなたの「思い」や「意図」というエネルギーを集め、増幅させて、心身に変化をもたらす役目をします。
あなたの体はエネルギーであり、私たちが持つ「意図」、及び「思い」もエネルギーです。 マグネットもエネルギーですから、互いに影響を与え合い、効果を発揮します。



tec_bookcover.jpg




Tune in to your intuition!

こんにちは、ロンドンから佳英子がお伝えします。


月曜日の仕事の後、Tune In To Your Intuitionという直感を磨くクラスに出る前にカフェで一息。西日をジリジリ受けながらアイスティを飲む…なんてイギリスでは滅多に無い贅沢なひととき。

さて、イギリスでもエモーションコードはまだあまり知られていません。しかしヒーリングやサイキック系のクラスやカウンセリングはたくさんあります。私が出ているのはワークショップの一つで、どうやったら自分の心が思うように生きる事ができるか、また考えるよりも色々なことを感じてみようというエクササイズをします。

初めてのクラスの時に、先生の言った言葉がとても印象的でした。
Your intention is everything. あなたの意識が全てです。つまり、私たちが意識することがとても大切なんだと。例えば「通勤電車で瞑想したいけど、動いてる電車で瞑想ってできるの?」という参加者の質問に「その気になればどこだってできる。大切なのはあなたができるって思っているかどうかってこと。」と答えた先生でした。この先生、飛んでる飛行機の中でも瞑想をするんだそうです。ちょっと気持ちが良さそう。

とにかく、すごくエモーションコードと重なるところを感じました。

だから、でしょうか。エモーションコードはイギリスではそんなに知名度はないかもしれないけれど、それは逆にエモーションコード的な生き方はとても身近だからなのではないかと思いました。

Your intention is everything.



e2.jpg

新しい生活に慣れる

みなさん、初めまして。
中川佳英子と申します。

ロンドンからいろいろなことをつぶやきますので、よろしくお願いします。

今回は、新しい環境に馴染むことについて色々考えることがあったので書きたいと思います。

最近、十年働いていた会社を辞めて新しい職場に転職をしました。
業界も今までとは全く違うところ。新しい仕事、同僚、通勤路に慣れるために奮闘しております。
ある朝の通勤途中、こんな考えが頭をよぎりました。
それは、新しい環境に慣れる=「その場所の言語を使うようになる」ということなのではないか。

ここでいう言語は日本語やら英語やらの、所謂言語ではなく、もっとsubtleなもの…。
例えば振る舞いとか思考/嗜好とかからくる言葉遣いの違い、とでも言うのでしょうか。そんなものです。

予め存在する場所に、後から入って行く場合はある程度、そこに元から存在する言葉を使えるようになることが一番の近道だと気づいたのです。
働いている人たちのマインドも違うから、同じ話題をふっても違う展開を見せる。つまり違う言葉を話すんです。

でも何となく自分のじゃない言葉で話すことに抵抗を覚える人もいませんか?私もそうです。

こんなことを考えていたら、友人のカイサのことを思い出しました。
彼女はフィンランド人で、母国語の他に英語はもちろん、スペイン語とフランス語も話せます。
彼女だけではなくて、フィンランドであったフィンランド人の多くがマルチリンガル。どうしてそんなに話せるのか尋ねると、返って来た答えはとてもシンプルでした。「だって、誰もフィンランド語なんて話さないもの。」
どうして新しく来た人の言語で話さないのかというと、それがマイノリティの言語だからです。
マイノリティの言語は難しいから「みんなで話そう!」という風にはならない。でもたまに興味を持つ人もいて、そういう人は個人的にアプローチをしてそのマイノリティな言語を学ぶのです。時間はかかるけれど、そんな風にしてマイノリティはメジャーに変化していくのだと思います。

何語で話していてもカイサはカイサなのです。

そんなことを熟々考えていると「どうして私たちは語学をやるんだろう?」と思いました。

以前いた日系の職場で出会った日本人の同僚によく「どうやって英語を勉強したの?」と聞かれました。
私の答えは「必死で」。もうひたすらロンドンというコミュニティの言語が話せるようになりたくて、がむしゃらに勉強しました。
するとみんなは「へえ…。」と気の抜けた返事をするのです。まるで「なーんだそんなことか」とでもいうように。
そんな彼らの中には、英会話の先生を見つけて個人レッスンを受けたり、夜には英語学校に通っている人も多くいました。
でも中々話せるようにはならないのが現実。

ここのポイントは、英語を使って何がしたいのかってことだと思うんです。
何故なら言葉は、ツールであって目的にはならないからです。私の場合は「ロンドンで市民権(行政的なものではなく精神的な)を得たい!」つまりロンドナーになりたかったというのが目的です。

エモーションコードもこれと同じだと思うんです。
私は「新しい言語を習得するように」エモーションコードについて学びました。資格を取ったとはいえ、まだまだ新しい発見の連続です。
これも「資格を取る」ことが目的ではなく、これをどう生かしていくかというのがポイントだなぁと感じています。私は、自分が本当に望む生き方をしたくてエモーションコードを始めました。自分にとってすごく良かったので、周りの人にもオススメしたいわけです。

まだまだ「エモーションコード」の言語で話す人は少ないです。だから、それぞれのコミュニティに存在する言葉を使って「エモーションコード」的な生き方を広めていきたいなぁと思うわけです。

エモ












エモーションコードとは? #1

原因不明のプレッシャーにもがき苦しんだ経験はありませんか?
人生が自分の望むようには進まないと感じたことはありませんか?
過去を後悔したり、それに囚われてしまっていると感じたことはありませんか?


皆さん、こんにちは。
アメリカ、北カリフォルニア在住の【エモーションコード】と【ボディーコード】の認定プラクティショナー、高野ひろ子です。
【エモーションコード】って一体どんなヒーリングツールなのか?全くご存じない方が大部分だと思います。
まずは、本日から何回かのシリーズに分けて、【エモーションコード】についてご説明させていただきますね。

************************

エモーションコード(Emotion Code)は、アメリカのホリスティック医師、ブラッドリー・ネルソン博士(Dr.Bradley Nelson)によって考案された革新的なエネルギーヒーリングで、誰しもが、例外なく持つ、過去の体験に起因する未昇華で有害なエネルギー、“囚われた感情(Trapped Emotion: トラップトエモーション)” を特定しリリースする癒しのツールです。

過去の体験に基づく、目には見えないけれど、とてもネガティブなエネルギーを発する“囚われた感情”は、人生を生きる上での障害の大部分であり、肉体面、精神面、感情面を含む、あなたの人生に非常にパワフルな影響を与えます。

trapped emotion image

“囚われた感情”と共に生きることは、消化しきれていないネガティブな感情がぎっしりと詰め込まれたいくつものスーツケースを抱えて、未知なる国々を旅するのにも似ています。
少しの心細さと大きなワクワク感と共に旅を始めた当初は、スーツケースの重みもそれほど気にはならないかもしれません。しかし、旅の道中、様々な困難や問題があなたの前に立ちはだかり、そのたびにスーツケースはどんどんと重みを増し、大きな重圧となってあなたを肉体的、精神的に苦しめ、消耗させていきます。
旅を続けるうえで、重みを増したスーツケースの中身を整理し、不必要なものは捨て、すっきり軽くなるという選択もあります。また、何もせず、スーツケースを引きずるようにそのままの状態で旅を続けることもできます。

あなたならどうしますか?

あなたを見えない重圧から解放し、バランスのとれた心身の健康をもたらしてくれる画期的なツール、それが【エモーションコード】です。
軽やかに人生を旅したいあなた、ぜひ日々の生活に取り入れてみませんか?


tec_bookcover.jpg





GO TOP