【エモーションコード&ボディーコード】Webセミナー、ラジオショー、お話し会のご案内

サンフランシスコ・ベイエリアからこんにちは。高野ひろ子です。
本日は、来月、11月に予定されているエモーションコード、ボディーコード関連のWebセミナー、インターネットラジオショー、サンフランシスコでのお話し会のご案内させていただきます。ボディーコード、エモーションコードを詳しく知りたい方、ぜひチェックしてみてくださいね。  ※以下開催順

----------------------------------------------

★インターネットラジオショー
Free Energy Healing (Body Code/Emotion Code) Call-in Show by Tim Janakos-Kobayashi

日本時間11月7日(木)11:30AM~12:30AM(アメリカ太平洋時間 11月6日(水)6:30PM~7:30PM)


Tims radio show_20131027

毎週2回、インターネット配信されているTim Janakos-Kobayashi(新潟県在住、エモーションコード認定プラクティショナー)のラジオショー「Free Energy Healing (Body Code/Emotion Code) Call-in Show」に、高野ひろ子がゲスト出演。通常は、英語のみの放送ですが、今回に限り日英両語でお届けし、リスナーから寄せられた電話でのご相談に、ボディーコードを使ってお応えします。現在直面している健康や人間関係等の悩みを解決したい方、ボディーコードを体験したい方は、番組放送中に、1-(646)-929-2015 までお電話ください。電話代はかかりますが、セッションは無料です。なお、ラジオショーを聞くだけでももちろんOK! 日本時間11月7日(木)午前11時半(アメリカ太平洋時間 11月6日(水)午後6時半)に、下記URLをクリックしてお聞きください。

ラジオショーURL ※番組録音がお聞きいただけます。
http://www.blogtalkradio.com/timjanakos/2013/11/07/body-code-guest-healer-call-in-show-in-japanese-and-english

Facebookイベントページも併せてご覧ください。
https://www.facebook.com/#!/events/247083872110515/247185252100377/?notif_t=like


★Karen Sheeks 無料Webセミナー
日本時間11月8日(金)11AM~12:30PM(アメリカ太平洋時間 11月7日(木)6:00PM~7:30PM)


karen_webner2_20131027.jpg

日本時間11月8日(金)午前11時から、シャスタ在住のボディコードとエモーションコード認定プラクティショナー、Karen Sheeksによる無料Webセミナーが開催されます。今回のテーマは、ハートの前に立ちはだかり、私達を健康や幸せから遠ざける【ハートの壁】。大阪・松山・岡山・長崎・東京の各会場に併せて、今回は、サンフランシスコ在住の皆様のために、私、ひろ子の自宅でホストいたします。ご参加希望の方は、http://www.luna-chic.com/日本語/お問い合せ/から、11月6日(水)までにお問合せ、お申込ください。大好評のWebセミナーです!このチャンスをお見逃しなく!ぜひご参加くださいね。
Webセミナーの詳細は、下記URLからご覧ください。
お問合せは、主催のヒーリングスタジオKARA、または各会場までお願いいたします。

https://www.facebook.com/events/513995375339914
http://studio-kara.com/news/19798

**第一回目のWebセミナーはこちらからお聞きいただけます。


★日本町放談会(サンフランシスコ日本町)
11月11日(月)1:00PM~3:00PM


サンフランシスコ周辺にお住まいの日本人シニアを対象にしたお話し会「日本町放談会」で、高野ひろ子がボディーコードを使い、「心身の健康」をテーマにお話させていただきます。ご希望の方には、ボディーコードのミニデモンストレーションもいたします。サンフランシスコ・ベイエリアの方であれば、シニア、ヤング(!?)、年齢にかかわらず、どなたでもご参加いただけますので、ぜひお越しくださいね。

会場:日本町テラス社交室(通称 日の出タワー)
   1615 Sutter St. (at Octavia St.) San Francisco
寄付:2ドル(茶菓子・印刷・メール代などの雑費)


スポンサーサイト

セルフケア

こんにちは。高野ひろ子です。
10月も下旬で、私の住む北カリフォルニアも、日中の日差しは柔らかくなり、朝晩がかなり冷え込むようになりました。

実は、10月18日の満月前後から、体全体が重だるく、気力も下がり気味。眠気もあって、最低限のことだけをこなして日々を過ごしていました。そうこうしている内に、食いしん坊の私には珍しく食欲が減退(これは私的にはかなりの末期症状)。おまけに、背中が固まった感じで違和感があり、非常に辛くなってきたので、今朝、クライアントさんの遠隔セッションをする前に、自分にもボディーコードを使ってチェックしてみました。
ボディーコード、エモーションコードに出会う前の私だったら、きっと、気力のみで体力の限界まで引っ張るか、マッサージ等を受けて表面化している症状を緩和するかのいずれかだったと思います。しかし、今では原因を、短時間で簡単に、根こそぎお掃除できるから素晴らしいですよね。

さて、セルフケアの前の背中の重さは、10が最悪として8ぐらい。背中のところどころにゴルフボールサイズの塊がある感じで、それが鈍い痛みを発していました。また、胃の辺りにもソフトボールぐらいの大きさの球があり、なんとも重苦しい感じです。が、ボディーコードを使って、臓器のアンバランスを修正し、囚われた感情等をリリースしていくごとに、背中にあった塊や胃の辺りのひっかかりが溶けて無くなり、心も体も軽やか、すっきり!所要時間、約10分程度で、数値で表すと8だった違和感が、今では0!セッションさせていただく側になって忘れていましたが、ボディーコードを受けた後の爽快感と軽さを久々に実感、体感したと同時に、もっとコマメなセルフケアの必要性も実感することができました(^_^;)。せっかく素晴らしいヒーリングツールを知っていても、使わないと話になりませんよね?!

エモーションコードの本、ワークショップ、お友達から教わったりして、囚われた感情のリリースの方法をご存じの方は、お風呂に入ったり歯を磨いたりする感覚で、デイリーなメインテナンスにぜひお使いくださいね。本当に使えますよ(*^^)v

「正しい睡眠」とれてますか?

インデアンサマーが終わって、朝晩めっきり冷え込む北カリフォルニアからこんにちは。高野ひろ子です。
10月に入り、あちらこちらでオレンジ色のかぼちゃを目にするようになりました。月末には、可愛いお化け達が街中に溢れるハロウィーンがやってきます。2013年も、このままあっという間に終わってしまいそうですねぇ。

パンプキン

ところで、皆さんは、質の良い、十分な睡眠がとれていますか?

私が【ボディーコード】の勉強を始めて、どっぷりとつかるようになってから、特に気になるのが、日々の食事や睡眠を含む「生活習慣」。【ボディーコード】が扱う6つのメインカテゴリーの中には「Nutrition and Lifestyle(栄養と生活習慣)」というのがあり、そのサブカテゴリーとして、「「身につける)色」「水分不足」「睡眠」「食物、ビタミン、ミネラル」等に分かれています。

いろんなことに興味があって、すべてが楽しくて、24時間では足りない生活をしている方。
お仕事で複数のプロジェクトを抱えているために、やってもやっても終わらない方。
何か気になることや心配事があって、なかなか寝れない方。
現代社会に生きる大多数の方々は、いつも駆け足で生きているのではないでしょうか。
私もそんな一人ではありますが、『睡眠時間を削る以外に方法がない!』とついつい自分に無理をさせてしまっているかもしれません。『病気にならないと寝られない!!』なんて声を、良く耳にするのは私だけ??(^_^;)

以下、Facebookで見つけたOSHOの講話、「正しい睡眠について/8時間の睡眠」を転載いたします。
肉体を持つ限り、やはり十分な休息、睡眠も、心身のバランスをとるために不可欠なこと。たかが睡眠、されど睡眠・・・なるほどなぁと頷くと同時に、眠りって侮れないなぁと思いました。どうぞご一読くださいね。


OSHO : 正しい睡眠について/8時間の睡眠

人間の文明の発展の中でもっとも害されてきたのは、睡眠だ。
人間が人工の光を発見したその日から、睡眠は大きな問題を抱えるようになった。
そして、道具がますます人間の手に入るようになるにつれて、睡眠は必要のないものだ、多くの時間が無駄に費やされている、と人間は感じ始めるようになった。
私たちが眠っている時間はまったくの無駄なのだ。
だから、より短い睡眠ですませることができればできるほどよい。
睡眠は生のより深いプロセスに対してなんらかの貢献をしているという考えは、人びとには浮かばない。彼らは、睡眠に費やす時間は無駄になる時間だから、眠るのは短いほどいい、睡眠量を早く減らせば減らすほどいい、と考える。

あらゆる病気、人間の生に入り込んだあらゆる異常の背後にある原因は、睡眠の不足だということに私たちは気づいてすらいない。
正しく眠ることのできない人は正しく生きることができない。
睡眠は時間の無駄ではないのだ。
8時間の睡眠は無駄に使われてはいない。
逆に、この8時間の睡眠ゆえに、あなたは16時間のあいだ目を覚ましていることができる。
さもなければ、その間ずっと目を覚ましていることはできないだろう。

この8時間のあいだに生命エネルギーが蓄積され、あなたの生は再び活力を与えられ、あなたの脳と心臓のセンターは静まり、そしてあなたの生はあなたのへそのセンターから働く。
この8時間の睡眠ゆえに、あなたは再び自然と、そして存在とひとつになったのだ。
あなたが再び活力を得るようになるのはそのためだ。

睡眠は人間の生に戻ってくる必要がある。
実際に、人類の精神の健康にとって、この先100年か200年のあいだ、睡眠は法律で義務付けられなければならないという以外に、他の選択肢はない、他の手段はない。



エモーションコードの可能性

大阪からこんにちは 小島ゆかりです。

この夏ずっと取り組んでいたエモーションコードの認定プログラムを完了し、
10月3日、晴れてエモーションコード認定プラクティショナーとなりました
これもひとえにご協力いただきました皆様のおかげです。
ありがとうございます!

■エモーションコードの可能性

エモーションコードというのを初めて耳にされる方も多くいらっしゃると思います。
このエモーションコードはアメリカのホリスティック医師、ブラッドリー・ネルソン氏が開発された感情解放の手法で、シャスタ山在住のキャレン・シークスさんが日本にもたらしました。

誕生の際には純粋な状態の私達は成長するにつれ日々の生活の中で、私達は様々な感情を体験しています。
喜びや、楽しいというポジティブな感情もあれば、心の痛みや苦しみというネガティブな感情もあります。
ポジティブが良く、ネガティブが悪いではなく、そのどちらも人間性を豊かにしてくれる糧ともなるでしょう。

ですが、時として感じるネガティブな感情は、私達の生命エネルギーをダウンさせてしまいます。
そのネガティブな感情に気づいた時に即座にリリースすることが一番ですが、人の気持というものはそう簡単に割り切れるものではありません。

感情もまたエネルギーであり、ネガティブな感情のエネルギーは知らず知らずのうちに、肉体のどこかに宿り、人は上手にその感情を内部に格納してしまいます。それがいわゆる「囚われた感情」です。

「囚われた感情」、それはまるで重いトランクケースを抱えながら旅をしているようなものだと開発者のブラッドリー・ネルソン氏は言っています。

重いトランクケースを抱えて旅を続けていると、初めは楽しい旅だったはずが、いつしか苦しい旅に変わってしまうこともあるのではないでしょうか。それを手放して軽やかな旅をしたいと思いませんか?

エモーションコードはその「囚われた感情」を手放してゆくための手法です。
しかもそれは、とてもシンプルで的確です。

チャートに分類された60の感情を、筋肉反射テストを使って的確に探りだしてゆきます。
探り出された「囚われた感情」が、自分の人生の中でつくり出したのか、胎児の頃に記録されたものか、遺伝的に引き継いだものかも探り出し、更にその感情が肉体のどこに宿っているのかも探りだしてゆきます。

そうして、その時の体験を思い出し、体験を通して感じた感情を思い出し、それを磁石を使い、開放する意図をアファメーションしながらリリースしてゆきます。

”磁石”?! そう磁石=マグネットです。

例えば、「私は腰に宿っている、15才の時に感じた罪悪感という囚われた感情を手放します」とアファメーションし、頭部から首の後ろの手がとどく範囲までを磁石でなぞりながら解放してゆくのです。
アファメーションの意図が磁石によって増幅され、それによって宿っていた感情のエネルギーが解放されてゆきます。

エモーションコードはエネルギーの外科手術とも言われています。

実際の肉体の手術をした際、術後の経過において回復するまでには穏やかに過ごすのが大切ですね。
同様にエモーションコードを行った後には、まるで風邪をひいた後ぐったりするような感覚や、感情が思い出されてきたりする場合もありますので、自分に優しく過ごす、水分を充分に摂取するなどの注意も必要です。

実際にご自分で体験された方のセッション前とセッション後の様子には格段の変化が生まれています。

「なぜか知らないけど、すっきりした」
「毎日が輝いて見え、楽しい日々を過ごしています」
「こだわりがなくなりました」
「家族との関係がよくなってびっくりしています」

セッションを受けた彼らの多くの日常が変化しているのです。
日常が変わると生き方が変わります。
生き方が変わると、人生が変わります。

エモーションコードは、ご自身の人生を変えてしまう可能性も多々あるのです。

 体験者のお声はまだまだ沢山!こちらをご覧ください → 「エモーションコード体験談」

■3人の日本人プラクティショナー達

今日10月4日、カリフォルニア州シャスタ山と日本の各地をSKYPEでつないだキャレン・シークスさんのWEBセミナーが行われました。
通訳はかねてからキャレンさんの通訳を担当していた高野ひろこさん。
高野さんは私の長年の信頼出来る友人であり、キャレンさんを私に紹介してくれた恩人です。
彼女もまた、キャレンさんの通訳をしている内にエモーションコードの魅力に気づき、とうとうエモーションコードとさらについ最近、ボディコードシステムの日本人第一号のプラクティショナーに認定されました。

エモーションコードの日本人プラクティショナーは、高野さんのご友人のロンドン在住の中川かえ子さんが第2号でいらっしゃいます。

私はパーマン3号ならぬ、日本人第3号で日本在住では初めてのプラクティショナーとならせていただきました。

エモーションコードは日本で産声をあげたばかりです。
これを機会に、今後はエモーションコードの輪が日本に徐々に広がり、軽やかな自分らしい人生を歩まれるお仲間が増えてゆけばいいなと思っています。その為に私はキャレンさんを日本に招聘し、エモーションコードを正しく理解していただける場を日本の皆様方にご提供してまいります。

■キャレンさんのWEBセミナー

エモーションコードに興味のある方は是非、キャレン・シークスさんの無料WEBセミナーにまずはお運びください。
次回は11月8日(金)午前11時から12時半です。
内容は「ハートの壁」について。エモーションコードのセッションを行う際に、まず最初に取り組むのがこの「ハートの壁」です。
レクチャーと実際のデモンストレーションセッションが行われます。

詳しくはこちらをご覧ください → 「キャレン・シークスの オンライン無料ライブ・セミナー」

またキャレンさんのセッションを受けてみたいという方はスカイプでセッションを受けることができます。
 こちら→ 「キャレン・シークス Skypeセッション」

また、私の個人セッションでは今まで培ってきたエサレンマッサージ、レイキや催眠療法、ヘミシンクと、エモーションコードを組み合わせたコンビネーションセッションもできればいいなと漠然とですが、考えています。
感情のエネルギーを自然なあり方に調整させ、肉体もまたバランスし、生まれ変わったような自分と出会えればどんなに素敵なことでしょう。

私のセッションが必要な方の元に届きますように、お役に立たせていただくのが私の幸せです。
私の個人セッションのご案内はまた改めて考えがまとまってからご案内させていただきますね♪

Karen Sheeks ボディーコード 無料Webセミナー開催のお知らせ

サンフランシスコ・ベイエリアからこんにちは。高野ひろ子です。
日本は今日から10月に入り、かなり涼しく、過ごしやすくなったと聞きます。ここ、北カリフォルニアも風が柔らかな秋風に変わり、日本ほどではないにせよ、季節の移り変わりが感じられます。夏の疲れが出る、季節の変わり目、皆さま、どうぞご自愛くださいね。

もう既に私のブログ「Natural Woman's Diary」、及びFacebookでご報告させていただきました通り、先日、晴れてボディーコードのプラクティショナーとして正式認定を受けました\(^o^)/ ケーススタディーのレポートを提出してから結果が出るまでに約2週間はかかると聞いていたのですが、中1日で合格通知が来ました。そのスピーディーさには、正直ちょっとびっくり。良い知らせは早く聞くにかぎりますが・・・。

さて、日本時間10月4日(金)、午前10時から、大阪・松山・岡山・長崎・東京の各会場と、サンフランシスコベイエリア、シャスタの7か所をSkypeで繋ぐ、ヒーリングスタジオKARAさん主催の無料ウェブセミナーが開催されますのでご案内いたします。今回のテーマは、ボディーコード。プレゼンターは、ボディコードとエモーションコードの認定プラクティショナーである、シャスタ在住のKaren Sheeks、通訳は、前回に引き続き、私、高野ひろ子が担当いたします。

詳しくは、下記URLからご覧ください。お問合せは、主催のヒーリングスタジオKARAまでお願いします。

https://www.facebook.com/events/513995375339914/
http://studio-kara.com/news/19798


karen_skype_ecworkshop_2013.jpg
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。