食生活が変わった!!!ーオーガニックの魅力ー

さあ、ボディコードで変わり続ける食生活についてロンドンからお届けしているカエコです。
来週は3日間、ロンドンの地下鉄がストライキをまたまた予定しております。
天気が許せば自転車、悪ければ鉄道+運動靴(徒歩♡)で通勤のロンドナーが、通勤時間帯に溢れる予定です。(笑)

さて、本題です。

食生活を見直す時に外せないのはオーガニックだと思います。

オーガニック、自然農の大切さについてはウェブにも様々な情報がありますが、私は食べ比べた時の圧倒的な味の差に愕然としてました。
以前は所謂「メガストア」と呼ばれる大型チェーンのスーパーマーケットでフツーに買い物をしていました。それが、同じくプラクティショナーの1人でブログの執筆者の1人でもあるサンフランシスコ在住のひろこさんに薦められ、例によって軽〜い気持ちで買い始めたのです。

極めつけとなったのは、パプリカとよばれる大きいピーマンと葡萄でした。私は黄色いパプリカをざくっと切ってしゃりっと齧るのが好きで、オーガニック以前からよく買ってました。葡萄は葡萄でヨーロッパにある楕円、カプセル型の種無し葡萄が大好きでした。これらをオーガニックのものにしたところ、近所のスーパーで買った同じ黄色のパプリカも葡萄も食べられなくなったのです。スーパーで買ったものだと味がしないのです。Lifeless、という表現がピッタリなんですが、食べ物のエネルギーが無いんです。これは結構ショックでした。私自身、食べ物の味には割と鈍感だったからです。

ピーマン


今ではお肉にも味の違いを感じるようになりました。フリーレンジや牧草で育った動物のお肉は、そんな凝った調理をしなくても、ハーブに塩パラパラ〜程度で十分美味しく食べることができます。しかし、メガストアで売られているお肉は半額程度で買えますが、同じシンプルな調理法では少しもの足りなく感じるようになりました。

onion.jpg


そして最近、気づいたことですが、オーガニックの食材だと最終的に摂取量が少ないということです。以前よりも少ない量で満足ができます。Drネルソンもオーガニックを進めていますが、私にはとても理にかなった変化と選択だったように感じています。

スポンサーサイト

ボディコードで食生活が変わる! ー炭水化物の誘惑ー

こんにちは、快晴のロンドンからカエコがお届けしています。

そんなわけで砂糖の摂取量が激減した私の食生活ですが、果物は大好きです。といっても食べ過ぎる事がなくなりました。食べる量については、この次のパートで述べるとして、ここでは私の炭水化物摂取についてお話したいと思います。ただ、私は栄養士ではありません。ここでは私の食生活がボディコードによっていかに変化したかをお伝えするのが目的です。取り上げるメニューは毎日摂取しているものでもありませんのでご了承くださいね。

さて本題です。以前から炭水化物を摂り過ぎていたことは、よーくわかっていました。というのも、イギリスでよく炭水化物を一切摂らないというダイエットに対する傾向として、「I’m a king/queen of carbs!」(私は炭水化物好き)という開き直った表現をすることがあります。かくいう私もその1人、炭水化物の女王を自称していたのです。
パスタは?「はい!大好きです。」
米は?「はい!もちろん大好きです!!」
パンは?「はい!特に焼きたては!!!」といった感じでした。翌朝に食べる「美味しい」パンが無いと真剣にブルーに陥る…。もうここまで来ると依存しているといっても過言ではありません。

でも、砂糖を摂り過ぎていた原因の病原体が身体から無くなりつつある今、炭水化物すらそれほど求めなくなりました。そこで軽〜い気持ちである時、「今日のお昼はスムージーとバナナだけでいいか。」と炭水化物をパスしてみました。というのも余りお腹が空いてなかったのです。その夜も、空腹感がなかったので、サラダ(といっても私は塩にオリーブオイルを少しに酢)とチキンをハーブで焼いたものを食べました。特に何かが足りないと感じることもありませんでした。

その日をピークに、何となく炭水化物を食べていませんでした。特に食べたいと思わないのです。そのかわり、良質のタンパク質を身体が求めるようになりました。ある日、突然ステーキが食べたくなったのです!久しぶりに。ただ、その辺のスーパーで売ってる(イギリスのスーパーでは普通だけど)「赤い汁(血と水が混ざった液体)が滲み出ている真っ赤っかの肉」を食べる気には慣れなかったので、オーガニックスーパーまで出向き、オーガニックではないけれど、牧草を食べて育った牛のお肉を買ってきました。下の写真は、Venisonと呼ばれるシカの肉。食べ応えありましたよ〜

venison.jpg


炭水化物が摂りたくなる時もあります。そんな時は玄米、全粒粉のパスタ(もしくはグルテンを含まないもの)やサワードウブレッドを選びます。下の写真はオーガニックスーパーのお店にあるオーブンで焼かれたサワードウ。たまりません。その日によって上手く焼けている日とそうでない日があって、「煎餅かっ」という程にペタンコな日も…。ちなみにこれは上手く焼けた日。

sourdough.jpg

こうやって炭水化物の摂取量を減らすもしくは、夕食に全く摂らないと翌朝のすっきり感が違うのです。頭が軽い。Facebookのウォールにも投稿しましたが「スイスイスイーッ」という感じなのです。

ーオーガニックの魅力ーに続きます。

セッション後のおまじない

晴天続きのサンフランシスコ・ベイエリアから高野ひろ子がお届けします。

通常、エモーションコード、ボディーコードのセッションを受けた方のほとんどが、終了直後から身体や気分が『軽くなった!』とおっしゃいます。また、時には『何も感じない』という方も・・・。その方それぞれに必要な癒しや気付きが、起こるべきタイミングで起きてくるので、なんでもOKで大丈夫なんですが、たま~に、少数ではありますが、セッション直後のクライアントさんから、

『リリースしたはずの感情が湧き上がってきて苦しい・・・』
『何とも言えないいや~な気分に包まれています』
『セッション直後は消えてなくなってしまった腰痛が、翌朝、酷くなって戻ってきました』

というご連絡を受けることがあります。
そんな時に効果を表すのが、以前参加したDr.ネルソンのWebセミナーで学んだおまじないなんです!セッション終了後、『ネガティブな副作用や好転反応は出ません』と強い意図を持ってマグネットで経絡を辿ると、あら不思議!感じていた“嫌な気分”や“感情の揺れ”、“セッション前よりも酷く感じる痛み”等のヒーリングクライシスが、なくなったり軽減されたりするとクライアントさんからのお墨付きを頂いております(*^^)v 

ケースによっても様々ですが、セッションで有害なエネルギーのリリース、及びアンバランスの調整を行ったことで自己治癒力が急に高まり、大きく振り子が揺れたように、激しい調整反応(好転反応)が起こっているのかもしれません。また、これまで当たり前のように肉体やエネルギー体に存在していた“有害なエネルギー”のエコーを感じておられるのかもしれません。理由はどうであれ、以前のブログエントリーでもお伝えしましたが、エモーションコード、ボディーコードは“エネルギーの外科手術”。おまじないも大切ですが、有害なエネルギーのリリース後は、切開手術で腫瘍等を取り除いた時のようにアフターケアが必要です。

アフターケアとして、セッション後に一番気をつけていただきたいのが、水分補給。体内にあった毒素を流し出すためにも、いつもよりたくさん水やお白湯を飲んでください。次に、休養。眠くなったら寝る、疲れたら無理せずに休む等、自分をいたわるいいチャンスだと思ってゆったりと過ごすこと。とっても大切ですよ!くれぐれもご自愛くださいね。

ボディコードで食生活が変わる! ーお菓子の誘惑ー

こんにちは!春らしいロンドンからカエコがお伝えします。

言うまでもなく、私はエモーションコードと出会って生活が変わりました。仕事も変わったし、付き合いの長い友人知人からは表情が変わったと言われます。

そしてボディコードと出会った今、食生活が大きく変わりつつあります。スタート地点は、「砂糖をやめる」でした。私は甘いものが大好きでした。前の仕事はストレスが多く、よく夕食の後にNutellaと呼ばれるチョコレート、ヘイゼルナッツペースト、スキムミルク+添加物まぜまぜのペーストを、ビンからスプーンですくって嘗めてました。普通サイズのスプーン5杯とか…。一口嘗めるごとに、身体から疲れが取れて行く気がしていたのです。ちなみにこのNutellaは、スプレッドとしてパンにつけたり、クレープにぬったりするものです。

index.jpg


仕事を変えることで、これを買わなくなりました
夕食後の満たされない感がなくなりました。転職に行き着くまでは、エモーションコードのお世話になったのですが、今回はその後について書くつもりなので、その辺は端折らせていただきます。

さて、お砂糖を辞める。朝からマフィンやらパンオショコラにパンケーキをパクパク食べていた私にそれができるのか…。不安は有りましたが、ただなーんとなく始めたところ、ボディコードで様々な不均衡を整えて行くうちに、それほど欲さなくなりました。原因は、Pathogensと呼ばれる病原体です。これは、カビ、寄生虫、菌類のこと。Dr.ネルソンも、「こういう病原体は、糖分をエネルギー源としているから、こういうのが体内にあると『あのマフィン、食べちゃおうかなー』なんて思わせちゃうんだよ」と言ってました。納得。以前あった焼きたてのマフィンやらクロワッサンやらが並ぶカフェで感じた猛烈な「食べたい!」感が今はありません。ちなみにヨーロッパに住んでいるとこういう誘惑は多いのです。特にフランスなんかだと、パン屋さんで鼻の穴が膨らむこと甚だしいのです…。

pan.jpg


Pathogensと呼ばれる病原体は、ボディコードではMoldと呼ばれるカビ、Viralと呼ばれるウィルス、Parasitesと呼ばれる寄生(虫)、Fungalと呼ばれる菌類、Bacterialと呼ばれる真正細菌に分類されています。これらの一つでもネットで検索すると、恐ろしい写真がたくさん出てきますが…、どれもこれも全部エネルギーの塊。それをリリースすることによってそれらの病原体は、ただの実体になり身体から「カス」みたいに排出されるわけです。私の場合、中でもFungalが中々排出できず、ニームのサプリを摂る事で排出しています。そうして私の中にあった病原体も、こうやって排出されると砂糖の塊であるお菓子類を欲さなくなりました。

ニーム



ー炭水化物の誘惑ーへ続く。

チャレンジ!!ボディコード

春らんまん! こんにちは 小島由香里です。

進化してますね、インターネットって!
海外と無料通話だけでなく、動画でリアルタイムでつながってしまいます。

カリフォルニアの聖地Mt.シャスタとサンフランシスコと、
日本の東京、大阪、福岡、岡山、などの各地をつないだインターネットのWebセミナーが今日また行われました。

講師は、大好きなキャレン・シークスさん。
今日のテーマは、ボディコード!

10154285_10201021424098164_167238383_n.jpg
私達の体は常に潜在意識と対話しているってご存知でしたか?

私達の誰しもが、「ハッピーに過ごしたい!」と願っていますよね。

ところが時々聞こえてくる「うまくいくはずがない」という思い。

矛盾していませんか?

どうしてこんな事が起きてしまうんでしょうね?
過去の体験で消化されずに閉じ込めれれてしまったエネルギーが発散する出口を求めているのではないでしょうか。

それらの未消化のものは、未病であったり、エネルギー的あるいは感情的トラウマであったり、ちゃんと解放してあげれば、「うまくいくはずがない」という負のエネルギーはポジティブなエネルギーに変換されてゆくのです。

「私のやりたいことをやっていくぞ〜〜〜!」と、
心から喜べる状態で、高いパフォーマンスを発揮できるんですね。

人が素晴らしいのは、それらのアンバランスな状態を修正する機能を持っているということ。


ロンドンのカエコさんに続いて、ボディコードの詳細な使い方を、私は今、勉強中で、これが全て英語なのでまたまたチャレンジ!です。

エモーションコードを学んだ時も英語で四苦八苦しましたが、ボディコードの情報量は半端ない!
果たして全部理解することは出来るんだろうか??? 

チャレンジャー精神発揮して、ガンバります

春ですしね、チャレンジにはピッタリです! ←自分を鼓舞してます
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。