プラクティショナーの視点~あるケースについて

こんにちは。永らくご無沙汰しております、シンガポール在住プラクティショナーの吉田理美です。

先日、サンフランシスコ在住プラクティショナー、高野ひろ子さんがEC/BC体験者の声を皆さんと共有しましたが、プラクティショナーも、クライアントさんとのセッションを通じて経験することがたくさんありますね。今回のポストは、私が出会ったある方についてお話したいと思います。

このクライアントさんは、ALSの患者さんでした。話題になったアイスバケットチャレンジを通じて、もうご存じかもしれませんが、ALSは初発部位によって、四肢型と球麻痺型の二つに分かれます。この方のALSは球麻痺型、つまり飲み込むことや話すことが出来ない状態のことです。

最初は、ご家族の方が、介護ストレスを軽減させたい、ということで私を訪れました。その流れで、次に親も見て欲しいということで、ご本人と出会ったのは今年の3月頃でした。

当ブログの皆さんもお馴染みの、キャレン・シークスさんにアドバイスを受けて、とにかくこのクライアントさんに寄り添うことに徹しました。

セッションはすべて対面式、最初は筆談しながら進みました。クライアントさんが慣れてくると、意味の分からない用語が出ると、「それは何?」という視線を投げかけてきたり、何度も取り除いたはずの感情が再び出てくると、「またかー」と手をあげたりしながら、ジェスチャーで会話しました。途中で眠くなって、うとうとすることもしばしばありました。

この方と共にセッションを重ねながら感じたのは、ALSのような難病を対象にエネルギーワークを施す場合、肉体の様々な部位において復活と再生が起こらないと、いわゆる目に見えるような回復をしないのではないか、ということでした。

でも、魂のレベルでは、どのような癒しが起きているのか、測り知ることはできません。そこには無限大の可能性が潜んでいます。

ボディコードの効能は、クライアントさんの肉体に限らず、目に見えない部分にまで溜まっている不要なエネルギーを取り除きながら、その方の治癒力を引き出すことでしょう。そうしてプラクティショナーがお手伝いしながら、人は元気になったり、癒されたりするのだと思います。

先の方がボディコードに望んでいたのは、自分の身体に起きている変化を受け入れ、今よりも気分が落ち着いて、体調が安定することでした。それは、本人でさえ、そうしたいと気付いていなかったように思います。でも、身体がそう教えてくれました。 確かに、セッションを進めるうちに、ジワーッとその方向に向かったのです。

セッションを始めて数ヶ月後、本人が国へ帰るために、シンガポールを離れました。最後にご家族の方と話した時、assisted living center (日常動作支援介護施設)に入ったと聞きました。

近くにプラクティショナーがいれば、あの方にはぜひ諦めずにボディコードを続けて欲しいなあと、今も時々思いを馳せています。

hands.jpg
(写真:www.lailamoysey.comより)


スポンサーサイト

体験者の声

『エモーションコードってどんなヒーリング?』
『ボディーコードって何?』
『エモーションコードやボディーコードのセッションでどんな変化が起こるの?』
『どんな問題に効果があるの?』などなど...

まだまだ情報が限られているエモーションコードやボディーコード。
革新的なヒーリングツール、エネルギーワークと言っても、なんだかよくわからない...と感じてらっしゃる方はたくさんいらっしゃると思います。そんな皆様のご質問や不明な点等にお答えするため、実際に各プラクティショナーのセッションを受けられたクライアント様の体験談、「生の声」をお届けします!下記リンクをクリックしてぜひご一読くださいね。

 体験者の声 

★吉田理美/Rimi Yoshida
http://www.rimiyoshida.com/体験談/

☆中川佳英子/Kaeko Nakagawa
http://www.kaekonakagawa.com/1236223458270961239822768.html

★キャレン シークス/Karen Sheeks
http://karavoice.blog111.fc2.com/blog-category-15.html

☆高野ひろ子/Hiroko Takano
http://www.luna-chic.com/日本語/エモーションコード-emotion-code/体験者の声/

★高柳美伸/Minobu Takayanagi
http://www.nagomi.com/monroe/bodycode/koe.html

なお、2014年7月、高野ひろ子のエモーションコードSkypeセッション受けた、翻訳家・山川紘矢、亜希子ご夫妻の体験談は、下記動画、スピリチュアルTVからご覧ください。(31分〜)

http://youtu.be/dKHSb1oy9oQ


運命の輪 ーボディコード、公認プラクティショナーになりました!ー

お久しぶりです!ロンドンからカエコがお届けします。今日はちょっと長いですよ。いいでしょうか?

まず最初にご報告です。昨日、ボディコードの公認プラクティショナー認定コースの合格通知が届きました!セッションレポート作成のため、モニターとして私とのセッションに臨んでくださった皆様、本当にありがとうございました。おかげさまで公認プラクティショナーとして活動の幅を広げていくことができます。
photo.jpg


ここのところ、プライベートで不思議なことがたくさん起こっております。中には好ましいこともあり、中には好ましくないこともあり…。タロットで言うところのWheel of Fortune(運命の輪)の回転に飲み込まれた様な心地です。こんな時いつも思い出すのが、もう10年以上も前に友人が連れて行ってくれたタロット占い師さんに言われたこと…(笑)。
IMG_4912.jpg
これはパワフルなカードです、本当に。今描いている困ったさんな顔の猫を背景に…。

当時はまだ学生ビザでイギリスに滞在していた私、イギリスにどうしても残りたくて残りたくて…。でもにっちもさっちも行かなくてその日暮らしの日々でした。その時にしてもらったリーディングの内容はほぼ全て忘れましたが(笑)、ある部分だけ忘れられずにいます。そ、れ、は…。ここからは会話形式でどうぞ。

占い師(以下、占)「2月ごろにね、大きい変化が訪れるよアナタ。」
私「え?それって良い変化ですか悪い変化ですか?」
占「(ハァ?アンタ何寝ぼけたこと言ってんの?的表情で)変化に良いも悪いもないんだよ!変化は必然なのさ。」

ここだけ、このシーンだけ覚えてるんですよ。占い師のおばちゃんの顔すら覚えてないし、どのカードでそう言われたのかすら覚えてない。でもここだけは忘れられないのですよ…。おばちゃんの予言というか忠告は的中、2月に私がイギリスに留まることに直結する変化が訪れました。ちなみにこのおばちゃん、もうどこにいらっしゃるかわかりません。
で、その後のローラーコースター的私の人生の展開はごく親しい友人や家族なら周知のこと。振り返ると確かに「良いも悪いも言いがたい」展開でした。でもそれがあったから今の私がここにある、当たり前のことですが。

今回もそんな変化の波を受けている今日この頃。ところで、真剣にほしい、またはそうなってほしいと思ったことは叶いますよね?(え?と思っても飛ばしてとりあえず読んでください。)例えば、サザエさんの弟であるカツオくんがやりそうな「お小遣いあげてくれたら勉強がんばるよ!」みたいな「〇〇と引き換えに△△をする」っていうレシピ。ここで大切なのは、カツオくんにとってはお小遣いアップが目先の理想だったとしても、宇宙的視野で考えると勉強するほうがカツオくんにとってはゆくゆくオイシイ「理想」に繋がるということ。例えばそれは花沢不動産を継ぐことかもしれないし、カオリちゃんと結婚するような経済的に安定した大人になることなのかもしれない。

私はそのタロット占い師さんのところへ連れて行ってもらった頃、「イギリスに残らせてくれたら一生懸命〇〇するからさ!」みたいなお願いをしていた気がします。イギリスに残れるとなった瞬間、私は「一生懸命〇〇するからさ!」から離れてしまった気がします。〇〇については敢えて言及はしませんが。宇宙は、私に「これでもかっ、これでもかっ」とエイエイ!と私に最初の「約束」のようなものを思い出させようとしてくれていたのですが、何となく鈍くなっていた私は決意の日を伸ばし伸ばしにしていたようです。ボディコードの認定コース中にモニターとなってくれた友人Kはタロットリーダーでもあります。彼女がその時に読んでくれたカードの一つは、タロットを知る人ならば殆どの人が「うっ」となるTower、塔でした。
IMG_4913.jpg
バベルの塔から落ちていく人間…、いつ見ても怖いカードです。しかし、これは究極の愛なんですね〜。

彼女がくれたここでのメッセージは「〇〇のために早く決断しないと宇宙が介入しちゃうよ。そうなるとちょっと痛いよ、結果的にはあなたのためだったとしても。」正にその通りでした。そして運命の日から数日後、すごい不思議な夢を見ました。ここでは端折りますが、すごく生々しくて触感まで覚えてる夢…。そして狐につままれたような気分で出かけて夕方、帰宅途中にすごく不思議な光景を目にしました。イギリスの空はよく雲が出ています。晴れでも曇りでも。この日は曇り。もくもくと雲が一杯出ていました。その雲の切れ目に何とまん丸の虹が出ていたんです。繰り返します。まん丸の虹。自転車を減速してぼーっと見とれてしまいました。これは「案ずることなかれ」なのだと感じました。
IMG_4911.jpg
これはカップの10という虹の出ているカードです。


最後まで読んでくださり、ありがとうございました。エモーションコード、ボディコードまたはタロットを交えたセッションにご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。