マドリッドでのセミナーとその後

ご無沙汰しております。クリスマス一色となったロンドンよりカエコが書いてます。
img_5472.jpg
(ロンドンのデパートではクリスマスのデコレーションにかなりの気合いが入ります。これはセルフリッジというデパート。)

ロンドンは、まだそこまで気温は低くないのですが湿気が多く冷たい、割に汗をかくという風邪をひきやす〜い気候が続いてます。この天気、こちらではDamp(ダンプ)と表現するのですが、私もノドをやられました!すぐにボディコードでバランスを戻して痛みはひきましたが、念のため今日は大事をとって家を中心にのんびりすごそうと思います。明日は本番なので…ってこの話は最後に。

さて、11月の二週目、スペインのマドリッドで開催されたエモーションコードセミナーに参加をしてきました。Dr.ネルソンのセミナーといえば殆どがアメリカで開催されます。珍しく近くまできたのでロンドンから参加してみました。ところで、ヨーロッパ国内での移動はそれこそアメリカ国内で州から州への移動と感覚が非常に近いと思います。この頃は携帯にボーディングパスもおくれちゃうからラクラク。セミナーはDr.ネルソンの英語を同時通訳でスペイン語にし、二カ国語で行われました。みんなで試しに囚われた感情をリリースしてみたり、ハートウォールを取り合ったりと充実したものに。遠くは南米のメキシコから参加している方もいらっしゃいました。
IMG_5585.jpg
(囚われた感情について説明するDr.ネルソン。)

実はこのセミナーに参加する一週間前から、右側の首から肩甲骨にかけて痛みの余り夜も寝る事ができない程になっていました。原因は、今回企画しているクリスマスマーケットからくるストレス。最初は「何コレ、超楽しい!」とやり始めた企画でしたが、参加者が増えるにつれニーズも増え、心配も現実的なものとなり、ユニヴァースから「休め」との指示でしょうか、右手・右腕がロクに上がらなくなってしまうほどの痛みに見舞われたのでした。ボディコードをやったりやってもらったりして素直にリラックスすることにしました。これがですねぇ、不思議なことに!マドリッドへ発つという前日の夜に消えたんですよ〜。ちょっとびっくりしました。
IMG_5601.jpg
(マドリッドではシュールレアリズムの作品を堪能する時間もありました♪)

マドリッドから戻り、またイベントの企画に意識を向けました。しかし、飛行機がスパイラルを描きながらゆっくり降下していくイメージと共に情熱が冷めて行くのを感じた私は再びボディコードをやってもらいました。すると、いつものことながら、出てきたのは驚きの内容ばかり。突き詰めて行くと、3歳ごろにした怪我や11歳ごろにした怪我&病気が原因で起こった左頭頂骨や頭頂葉のゆがみが原因でした。これを元に戻すことができて本当に良かったです。

そして、今回初めてProcessingを実感しました。これは、リリースした後、それをプロセス(消化)する期間のことです。Dr.ネルソンがセミナーでも言っていましたが、その期間は個人差があるし、出方にも個人差があります。いつもは特に「身体が軽くなった〜♡」ぐらいなのですが、今回の私は、翌々日に色んな意味で無駄に動いて無理をしてしまいました。(笑)「あ〜、しんど」という気分の割に何も変わっていない現状。無理したもんだから喉も痛くなり、「風邪かも〜」と横たわった時に気付きました。あ!私、プロセスしてたんだ…と。

さ、そんな訳で今週末から始まります、そのイベント。ロンドンへいらっしゃる方、お住まいの方、ぜひぜひお越し下さいませ。今週末から3週末連続で開催いたします。パブの前庭ですが、こちらは子どもも入れるライセンスをお持ちのパブですのでお子様連れでもお越しいただけます。詳しくは個人ブログに載せております。


スポンサーサイト

素敵な副作用

こんにちは、高野ひろ子です。
11月に入ってサマータイムも終わり、秋らしいキリッとした風が吹いたかと思ったら、TシャツでもOKなぽかぽか陽気が続いたりする、季節の変わり目、ちょっぴり不安定な空模様のサンフランシスコ・ベイエリアからお届けします。

【エモーションコード】、【ボディーコード】の開発者、Dr.ネルソン率いるHealers Libraryでは、だいたい毎月1回の割合で、Dr.ネルソンから直々に講義が受けられて、おまけに参加者をモデルにしたデモンストレーションまで聞ける、メンバー限定のWebinar(ウエビナー:インターネット、または電話で参加できるWebセミナー)が開催されており、ネット環境、または電話さえあれば、世界各国、アメリカ全土から参加することが可能です。他のエネルギーワークと比べて、【エモーションコード】、【ボディーコード】共にまだまだ新しく、症例も少ないですから、様々なことが学べる定期的なWebinarは本当にありがたい限りです。テクノロジーに大感謝 (*^^*)/〜

さて、先日のWebinarでは、Healers Library に寄せられた「体験者の声」が多数紹介されました。その中でも特に印象的だったのが、【エモーションコード】の本を貪るように一気に読み終え、その中に書かれている通りのやり方で、自分自身に【エモーションコード】を試してみたというアメリカ人女性の体験談でした。(以下要約)

”本に出会った当時は、主人のことが大嫌いで『1日も早く離婚したい!』という強い願いで【エモーションコード】をしていました。しかし、今では、そんな主人との仲が良好になって超ラブラブ。おまけに、どんなダイエットを試してもなかなか減らなかった体重が、30パウンド(約13.6キロ)も自然に落ちてしまった!【エモーションコード】のおかげで、今ではすべてがうまくいってとっても幸せです。ありがとう、Dr.ネルソン!!”


そうなんですよ〜!私も実際に体験しましたが、【エモーションコード】、【ボディーコード】には、思わぬ「素敵な副作用」があるんですよ〜!私の場合は、仕事がらみの人間関係を改善したい一心で【エモーションコード】をしていたら、結果的に、30年以上吸い続けていたタバコと完全に簡単に苦もなく縁が切れたんです!それ以外にも、些細なことも含めて、忘れてしまうほどにたくさんの驚くようなハッピーでラッキーな嬉しい変化が自分自身や周りに自然な形で起こりました。目の前にある問題は、絡まり合った糸のように複雑で、一見どこから手をつかけていいかわからないけれど、ちょこっと顔を出した糸の先を、【エモーションコード】、【ボディーコード】で引っ張ってやれば、簡単にするするっとほどけていき、思わぬ「嬉しい副作用」が現れる。きっと、病気等の心身の不調、うまくいかない人間関係等、無視することができなくなるほどに表面化した問題は、単なる解決への糸口であり、その他の水面下に潜む問題と根っこの部分は全く同じなのでしょう。

『人生、少々の苦悩があった方が、経験に厚みや深みが増していい』な〜んて言葉を耳にすることがありますし、私も以前はそんなふうに考えていた時期がありましたが、今は違います。さまざまな経験や体験をすることは人生に厚みをもたらしてくれるでしょう。でも、苦悩する必要が本当にあるのでしょうか?だって、私たちは本来、幸せで健康、豊かな光の存在なのですから、どんどん軽やかにしなやかになってもいいんじゃないって心から思いますよ (*^^)v 

いかがですか?【エモーションコード】、【ボディーコード】からの「素敵な副作用」を、皆さんもぜひ体験してみたいと思われませんか?



GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。