念願のボディーコード認定プラクティショナーになりました!

初めまして。東京の高柳美伸です。
エモーションコードに引き続き、この度、ボディーコードのプラクティショナーとして認定を受けました!
ケーススタディーにご協力くださった皆様、暖かいサポートをくださった方々には、この場をお借りして心からお礼申しあげます。ありがとうございました。

私とエモーションコード、ボディーコードの出会いは、2012年、シャスタ山から来日したKaren Sheeksさんを通じてでした。特にボディーコードは、私のバックグランドである、栄養学、生体生理学、アロマセラピー、ヘミシンクと共通する部分がたくさんあり、ハートが大きく共鳴したと同時に、「もっと知りたい!」という探究心に火が付きました。すぐに、ボディーコードのシステムを購入し、一昨年の夏には、それを持ってアメリカのユタ州で開催されたボディーコードのセミナーに参加。英語の壁におののきながらも、先ずはエモーションコード、次にボディーコードの認定コースに挑戦。(エモーションコードの認定プラクティショナーだけが、ボディーコードの認定コースを受講できます。)先日ラスベガスで開催されたリトリートにもはるばる日本から参加し、ボディーコードに対する理解を深めました。そして、2015年1月28日、晴れて念願のプラクティショナーとして認定を受けました。

エモーションコード同様、ボディーコードは、とってもシンプルで簡単、でも奥が深いヒーリングツールです。ボディーコードの認定コースを始める前、そしてコースワークであるテストケースとしてセッションをさせていただいた方々にも、大小さまざまな“奇跡”が起きるのを目の当たりにし、そのパワーを痛感しています。これからは、一人でも多くの皆様に、この画期的なエネルギーワーク、ボディーコードを通して、より一層、幸せで豊かな人生を送っていただけるよう努めてまいります。

なお、ボディーコードの個人セッションに関しましては、現在、スケジュールを調整中です。今年の後半から本格的に開始する予定ですので、決定次第、ご案内いたします。今しばらくお待ちください。

では、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

ボディーコードのリトリートで心に残ったお話し~「ハートから生きる」

サンフランシスコ ベイエリカからこんにちは。高野ひろ子です。
昨日に引き続き、1月15日から3日間開催された、ボディーコードのリトリートのご報告です。

参加したリトリートは、認定を受けた受けないにかかわらず、ボディーコードを実際に使っている人が対象でしたので、プラクティショナーとしてのあり方について、様々な角度からとてもためになるお話しを聞くことができました。そして、プラクティショナーである以前に、先ずは人間としてどのように生きているかを常にチェックしなさいというアドバイスが繰り返しありました。今日はその中から、特に私の心に残った、「ハートから生きる」ことについてのお話しをシェアーさせていただきますね。

「ハートから生きる」とは、ハートからのささやきに常に耳を傾け、それに従うということ。即ち、「自分に正直」であるということ。“ハートが欲する生き方”と現状が一致すればするほど、人は幸せと喜びを感じる。現状に満足していない場合には、瞑想、祈り、エモーションコード、ボディーコード等、どんな方法を使っても良いので、ハートとのコミュニケーションを取って軌道修正するようにとDr.ネルソンはおっしゃいました。

「ハートから生きる」と聞いて、皆さんはどんな風に感じられるでしょうか?
ピンとこない?
そんなことしていたら、周りに迷惑をかけたりして逆に人生が滅茶苦茶になりそう?
それとも、その通り!と大きくうなずかれるでしょうか?
2013年に私がエモーションコードの認定プラクティショナーになりハートの壁のワークをさせていただいたクライアントさん達の多くが、昨年に入って、『もう自分自身を偽れない!嘘は付けない!』と言わんばかりに、これまではリスクが多いからと仕方なく続けていたお勤めを辞めてフリーランスに転向したり、表面的には幸せそうだった結婚に終止符を打ったり等、立て続けに「ハートから生きる」よう大きく方向転換を遂げられました。きっと、ハートからの声を妨げる壁が無くなり、ささやきを無視できなくなったからでしょう。かく言う私も、昨年、これまでいたビジネスの世界から足を洗ってエネルギーワーカーとして、本格的なスタートをきりました。新たに大きく人生の舵をきる時には、どうしても多少の揺れは避けられません。しかし、それを通り抜け、「ハートから生きる」と決めた方々は、本当にキラキラした目で毎日をワクワクドキドキ、とても楽しそうに生きておられます(*^_^*)

私達は例外なく、意識、無意識に関わらず、外側に向けてシグナルを発信しており、同時に、外からのエネルギーやバイブレーションを常時受信している“トランスミッター”や“ラジオ塔”のようなものです。また、普遍なる宇宙の法則の元、私達自身のバイブレーションが、“引き寄せる物事”を決定します。ネガティブなエネルギーを持っている人は、それと同質の状況や人を引き寄せ、逆にポジティブな人は、ポジティブな物事を引き寄せる。であれば、不平不満を抱えて生きるよりも、喜びいっぱいの人生を、自分に正直に「ハートから生きる」方が、ますますハッピーを引き寄せるはず、ですよね(*^_^*)

そうはいっても、
『ハートからの声が全く聞こえない!』
『ハートに従いたくても、不安があってどうしても一歩が踏み出せない・・・』
という方はたくさんいらっしゃるでしょう。
そんな時こそ、エモーションコードでハートからのささやきを遮る「ハートの壁」を取り除いたり、第一歩を踏み出すのをブロックしている「囚われた感情」をリリース!

Dr.ネルソンのお話しを聞きながら、自らの本質と共鳴しハートと繋がるには、常に自分自身の内側を見つめ、エネルギーをクリアに保つ必要があると再認識できたと同時に、それを可能にしてくれたエモーションコード、ボディーコードに出会えた幸せを噛みしめたというわけです。

関連URL:
ボディーコードのリトリートに参加しました!
ボディーコードのリトリートで心に残ったお話〜「私が源!」



ボディーコードのリトリートに参加しました!

皆さま、いかがお過ごしですか?サンフランシスコ ベイエリアの高野ひろ子です。
遅ればせながら、本年もどうぞ当ブログをご愛顧くださいますようお願いたします。

1月15日から17日までラスベガスで開催された、Healers Library主催、ボディーコード ユーザーと認定プラクティショナーを対象にしたリトリートに、現在ボディーコードの認定コースにチャレンジしているエモーションコード認定プラクティショナーの高柳美伸さんと共に参加いたしました。

drnelsonjean_20150126.jpg
Dr.ネルソンと奥様のジーンさん)

今回のリトリートは、「Ultimate Health, Wealth & Relationship (完璧な健康、富、人間関係)」のテーマ通り、1日目は「Health (健康)」、2日目は「Wealth (豊かさ)」、最終日は「Relationship (人間関係)」にフォーカスして進められました。リトリートでは、ボディーコードで使う「マインドマップ」と呼ばれる特別なチャートの中にあるカテゴリーやサブカテゴリーの適切な使い方や掘り下げ方はもちろん、クライアントさんの持つ根本的な原因を探るために不可欠な潜在意識への質問の仕方、直観を研ぎ澄ます方法、お金に対する正しい概念、クライアントさんとの接し方やプラクティショナーとしての立ち位置やあり方等を、Dr.ネルソンとスタッフの講義と参加者同士の実習(ペアワーク)を通して学んでいきます。一昨年夏、ユタで開催されたボディーコードのセミナーにも高柳さんと参加しましたが、当時と比べると、ボディーコードをクライアントさんとのセッションや自分自身に日常的により頻繁に使うようになったせいか、講義の内容の理解度も増し、ずっしりとした重みと深さがある情報のすべてをハートで受け止めることができました。

pair work_20150126
(お金に対するブロックや否定的な観念についてのペアワーク中)

また、実習で他のプラクティショナーのセッションを受けるのも、とても貴重な体験のひとつでした。自分自身でエネルギーブロックのチェックをしている時とは、質問の切り口が違うせいか、表面化してくる答えも意外なものだったりしてとても面白かったです。やはり他人のフィルターを通してチェックすることもたまには必要なんですよね。リトリートで学んだことを、日本人プラクティショナー仲間に早速シェアしましたので、今後のセッションに生かされるかも?!どうぞご期待くださいね。

お勉強以外では、ほとんど人がいない廊下でばったりと会ったDr.ネルソンに、エモーションコードの日本語訳がどれほどまでに日本人に必要とされているかを熱~く熱~く語らせていただきました\(^o^)/ Dr.ネルソン曰く、最終的な編集は完了したそうですが、書店に並ぶまでにはまだもう少し時間が必要とか。本当に待ち遠しいですよね~。

集合写真_20150126
左からDr.ネルソンの長女でありスタッフのナタリーさん、Dr.ネルソン、奥様のジーンさん、高柳さん、高野)


関連URL:
ボディーコードのリトリートで心に残ったお話し~「ハートから生きる」
ボディーコードのリトリートで心に残ったお話〜「私が源!」



地盤が変わる ーHappy New Year 2015!ー

みなさま、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
IMG_5972.jpg

例年と比べると温かいロンドンからカエコがお届けしております。
ま、温かいと言っても寒いのですよ…。ただ太陽が出ている日が例年と比べると多く、日光の下では気温が上がる…というお得感?のある冬です。元旦のロンドンは、普段と変わらず…。祝日ですが、デパートもスーパーもカフェもパブも開いてるので、週末のような感じですが、私は一応お雑煮(もどき)を作ったり、年越し蕎麦も食べたりと一応年末年始ムードを作って楽しんでおります。
IMG_5991.jpg

さてこの時期、イギリスのメディアやパブなんかの話でよく話題になるのが、New Year’s Resolutionという新年の抱負?みたいなもの。要するに、「今年は〇〇するぞ!」とか決めるわけです。例えば、「今年は酒/お菓子/タバコの量を減らすぞ!」とか「今年こそは週一回ジムで運動するぞ!」とかいうやつです。ここ数年の傾向(?)として、「やるぞリスト」よりも「やらないぞリスト」を作ろうという動きもあります。例えば「今年は毎週水曜日にジムへ行くぞ」の代わりに「今年は週一回以上はジムへ行かない」とするわけです。どちらも結果は似た様なものかもしれませんが、後者の方が簡単そうに聞こえませんか?

そんな「やらないリスト」メソッドに沿って決めた私の昨年の抱負が「イヤな人とは関わらない」というものだったと思います。要するに、自分が好きな人とだけ関わろうというもの。昨年の夏まではフルタイムで働いていた関係もあり、自分と合わない人とも接する機会があり、「避ければ避けるほど寄ってくる」気がしていたのです。最終的に、会社を辞めてフリーで活動をするようになったので、この抱負は実りました!それにしても、ここ2、3年で3つの職場を渡り歩いたので実感を持って言えることですが、自分のエネルギーが変わると地盤が動くんですよね…。

3つの職場の内、1つを辞めた数週間後に感じたことなのですが、それまでは職場の近くに住んでいたこともあり、職場関連の知人によくバッタリ出会うことがありました。私から気付くこともあれば向こうから気付くこともありました。しかし、職場を変えて数週間後に、それが全く出会わなくなったことに気付いたのです。相変わらず、同じ場所に住んでいるのにも関わらずです。次の職場を移った時もそう。広いようで狭いロンドン、私も含めてみんな同じ場所に住んで生活してるのに会わないとはどういうことだ?!と思いました。これが「地盤」です。結局、発するエネルギーの種類が変わるから同じ世界にいるようでもういないわけです。だから会わなくなる。バッタリ会うのってある意味シンクロニシティじゃないですか?それが無くなるってことは、自分がそこにチューニングをもう合わせてないってことなんだと悟ったのが昨年でした。そしてフリーで活動し始めるようになると、不思議なことに同じくフリーで活動する人や自分でビジネスを立ち上げている人たちと関わる機会が増えてきました。

さて、長くなりましたが…、私の2015年の抱負はいかに?!

「楽しけりゃそれでよし」です。(笑)というのも、1月1日の今日、というか正確には新月後に病気で寝込んで復活してから、なんとも根拠のないワクワク感♡で一杯なのです。このワクワク感には♡がつきます。(笑)ワクワク感♡。これだけで何か嬉しくなりませんか?そんな感じだから、クルーズにでも出るような感じで出かけたいと思います。

それではみなさま、良いお正月を♪
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。