千里の道も一歩から

サンフランシスコ・ベイエリアからこんにちは! 高野ひろ子です。
10月に入り、日に日に秋めいていく今日この頃、皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

さて、先週末、エモーションコードをご紹介するために、ロサンゼルスにお邪魔し、金曜日には【体験会】、翌土曜日と日曜日には、【個人セッション】をさせていただきました。参加者の中には、以前、スカイプセッションを受けてくださった方が2名いらっしゃっいましたが、それ以外は、エモーションコードの「エ」も聞いたことがない方ばかり。
お越しくださった理由も、
『表面化した心身のアンバランスの根本的な原因をリリースすると聞いたから興味がわいた』
『ただただピンと来た!』
『個人セッションを受けた友人の変わりようが凄かったので』
『チャネリングとは違って、もう少し科学的な感じがしたから』
『自分自身には、たくさんの“感情の詰まったバッグ”がありそうだから』 等々
と、もちろんさまざまでしたが、Dr.ネルソンの著書をご紹介し、実際に「囚われた感情」をリリースするデモンストレーションを交えた約2時間の【体験会】で、エモーションコードの輪郭だけでもなぞっていただけたとしたら幸いです。
また、【個人セッション】では、ハートの壁を取り払うことで、根拠もなく感じていた怒りから解放された方、10年以上続いた腰痛から解放された方等、今回も例外にもれず、数々のミラクルが起こり、大変お喜びいただきました。
お越しくださった皆々さまはもちろん、お忙しい中コーディネートしてくださったMasayo Benoistさんには心よりお礼申しあげます。ありがとうございました!

kiki.jpg
セッション中、ぴったりとくっついてアシスタントしてくれた“ヒーリングドッグ”のキキ

エモーションコード、そしてその根幹のシステムであるボディーコードは、素晴らしく革新的なエネルギーワークです。でも、なぜだか、どうも今一つ爆発的には広まっていかないことに対して、私は、正直、少々の不満というかフラストレーションを感じていました。でもね、「何事にも最善のタイミングがある」ということに、ロサンゼルスに行ったことで再認識できました。そして、先ずは一人ひとりから、焦らず着実に歩を進めることが大切。私は私のできることをしっかりと、楽しみながらやっていこう!と思いをシフトしたとたん、新たにまた一人、日本人のエモーションコードのプラクティショナーがここベイエリアに誕生したというニュースが舞い込んできました!その方も私達同様、導かれるようにエモーションコードに出会い、その効果とパワーに魅せられたお1人です。ご本人から、改めて自己紹介されると思いますので、もうしばらくお待ちくださいね。

千里の道も一歩から、だなぁ (^_-)-☆


スポンサーサイト
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。