Body Codeを体験して

さて、ロンドンから佳英子が書いております。

昨日、初めてボディコードを体験しました!ひろ子さんのケーススタディの1人としてやって頂いたのですが、これがすごい!
まず、私の免疫力や頭からの指令が身体にきちんといっているか、ハートからの指令もきちんと身体に行き渡っているかなんていうことを教えてもらいます。

エモーションコードをやっている身なので、この辺は全て90%台を頂き、とても満足でした。その後、細かく「こんな栄養素/成分が足りてませんよ」とか、「臓器の中でこの部分がunhappyですよ」というのも教えてもらいます。そこで話題になった、セレンという成分が不足していた私は早速サプリを買ってきました。40mcgを1ヶ月という細かさで教えてもらえるのです。また、重金属が体内に蓄積しているという話も出たので、Heavy Metal Cleanseというサプリも買ってみました。こちらは一ヶ月のプログラムです。一ヶ月後に、体調が変わっているかなぁ、ワクワクという感じで試しています。
サプリ


今回、このセッションをしていただくに辺り、ずっとテーマについて考えていました。日々、自らエモーションコードをやっていると、まるでらっきょうの皮をむいていくように「問題の真相」とでもいうべきコアな部分に近づいいきます。そんな訳で今回選んだテーマはその「話の核心」とでもいうべき内容で私の人間関係がテーマでした。私のテーマを告げるとひろ子さんから「じゃ、体調面で気になる事とかないですか?」と聞かれました。聞かれて初めて「そういえば…」という感じで身体の某部分がずっとアレルギーみたいな症状に悩まされていることを思い出したのです。イギリスでもお医者さんに数回相談したけど原因は分からず、やれ乾燥肌だの敏感肌だの言われておしまいだったのです。
ただ、エモーションコードを始めてから格段に症状は軽くなり、今では時々「鬱陶しいな」と思う程度にまではなっていました。

そ、れ、が!!

いざ、セッションを始めると、実はこれが私の選んだテーマと関係していることがわかりとてもびっくり!!結果的にエモーションコードでおなじみの囚われた感情のリリースと幾つかの食物を約一ヶ月断つという結論に達したのですが、いや…、改めてエモーションコードとボディコードのパワーを感じました。

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。