すべての答えは自分自身の内側にある!

猛暑の日本にいらっしゃる皆さんには申し訳ないですが・・・ここのところ曇り空が続いて肌寒い、北カリフォルニアはサンフランシスコ・ベイエリアから高野ひろ子がお届けします。

現在、ボディーコードの認定コースの最終段階、ケーススタディーの真っ最中で、20名以上の方にご協力いただき、各合計4時間のセッションに取り組んでおります。エモーションコードの時もそうでしたが、ボディーコードを学びながら、いかに私達の心、身体、魂が密接に繋がっているかが理解できると同時に、【潜在意識】という巨大コンピューターの存在にも驚かされています。いつ、どのタイミングで、どのような形でサインを出し、何が問題となっているのかを、緻密な計算でもって私達に知らせてくれている【潜在意識】。セッションの際にも、クライアントさんのどのアンバランスを修正することから始めるのが一番効果的かを教えてくれます。なので、プラクティショナーは、直感と筋力テストを使って【潜在意識】のリードにただただ従うのみ。プラクティショナーがクライアントさんを癒すのではなく、クライアントさん自身がプラクティショナーの助けを借りて自分自身が癒すのが、エモーションコード、ボディーコードなんです。
もちろん、慣れてしまえば、プラクティショナーの力を借りずとも、チャートを使って自分1人で手軽にできるという点も魅力的だと思います。が、いくら手軽で簡単なツールといえど、エモーションコードは「エネルギーの外科手術」。その時の体調や心境にも左右されるますが、セッション中に筋力テストが急に弱くなったり、狂い始めたら、それは体からのストップのサインです。『一気に、できる限り早く多くのネガティブなエネルギーを手放して、すぐにでも軽くなりたい!!』という気持ちはわかりますが、感情のリリースをストップして次に備えましょう。そして、次のリリースまでにどれぐらい待てばよいのかも【潜在意識】は教えてくれるので、筋力テストを使って必ず聞いてみてくださいね。

いかがですか?
「すべての答えは、自分自身の内側にある」という言葉って本当だと思いませんか?



GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。