「正しい睡眠」とれてますか?

インデアンサマーが終わって、朝晩めっきり冷え込む北カリフォルニアからこんにちは。高野ひろ子です。
10月に入り、あちらこちらでオレンジ色のかぼちゃを目にするようになりました。月末には、可愛いお化け達が街中に溢れるハロウィーンがやってきます。2013年も、このままあっという間に終わってしまいそうですねぇ。

パンプキン

ところで、皆さんは、質の良い、十分な睡眠がとれていますか?

私が【ボディーコード】の勉強を始めて、どっぷりとつかるようになってから、特に気になるのが、日々の食事や睡眠を含む「生活習慣」。【ボディーコード】が扱う6つのメインカテゴリーの中には「Nutrition and Lifestyle(栄養と生活習慣)」というのがあり、そのサブカテゴリーとして、「「身につける)色」「水分不足」「睡眠」「食物、ビタミン、ミネラル」等に分かれています。

いろんなことに興味があって、すべてが楽しくて、24時間では足りない生活をしている方。
お仕事で複数のプロジェクトを抱えているために、やってもやっても終わらない方。
何か気になることや心配事があって、なかなか寝れない方。
現代社会に生きる大多数の方々は、いつも駆け足で生きているのではないでしょうか。
私もそんな一人ではありますが、『睡眠時間を削る以外に方法がない!』とついつい自分に無理をさせてしまっているかもしれません。『病気にならないと寝られない!!』なんて声を、良く耳にするのは私だけ??(^_^;)

以下、Facebookで見つけたOSHOの講話、「正しい睡眠について/8時間の睡眠」を転載いたします。
肉体を持つ限り、やはり十分な休息、睡眠も、心身のバランスをとるために不可欠なこと。たかが睡眠、されど睡眠・・・なるほどなぁと頷くと同時に、眠りって侮れないなぁと思いました。どうぞご一読くださいね。


OSHO : 正しい睡眠について/8時間の睡眠

人間の文明の発展の中でもっとも害されてきたのは、睡眠だ。
人間が人工の光を発見したその日から、睡眠は大きな問題を抱えるようになった。
そして、道具がますます人間の手に入るようになるにつれて、睡眠は必要のないものだ、多くの時間が無駄に費やされている、と人間は感じ始めるようになった。
私たちが眠っている時間はまったくの無駄なのだ。
だから、より短い睡眠ですませることができればできるほどよい。
睡眠は生のより深いプロセスに対してなんらかの貢献をしているという考えは、人びとには浮かばない。彼らは、睡眠に費やす時間は無駄になる時間だから、眠るのは短いほどいい、睡眠量を早く減らせば減らすほどいい、と考える。

あらゆる病気、人間の生に入り込んだあらゆる異常の背後にある原因は、睡眠の不足だということに私たちは気づいてすらいない。
正しく眠ることのできない人は正しく生きることができない。
睡眠は時間の無駄ではないのだ。
8時間の睡眠は無駄に使われてはいない。
逆に、この8時間の睡眠ゆえに、あなたは16時間のあいだ目を覚ましていることができる。
さもなければ、その間ずっと目を覚ましていることはできないだろう。

この8時間のあいだに生命エネルギーが蓄積され、あなたの生は再び活力を与えられ、あなたの脳と心臓のセンターは静まり、そしてあなたの生はあなたのへそのセンターから働く。
この8時間の睡眠ゆえに、あなたは再び自然と、そして存在とひとつになったのだ。
あなたが再び活力を得るようになるのはそのためだ。

睡眠は人間の生に戻ってくる必要がある。
実際に、人類の精神の健康にとって、この先100年か200年のあいだ、睡眠は法律で義務付けられなければならないという以外に、他の選択肢はない、他の手段はない。



GO TOP