映画「E-Motion」

Yesterday I was clever, so I wanted to change the world.
Today I am wise, so I am changing myself.

(利口だった昨日の私は、世界を変えたかった。
思慮深い今日の私は、自分自身を変えていく。)” 
―Rumi(和訳:高野ひろ子)


こんにちは。1カ月過ごした日本を後にし、アメリカに無事戻ってきました。サンフランシスコ・ベイエリアから高野ひろ子がお届けします。

先週末、エモーションコード、ボディーコードの開発者、Dr.ネルソンが出演している映画「E-Motion」を観ました。冒頭は、映画の中でも引用されていたRumiの言葉。Dr.ネルソンも常々おっしゃる通り、『先ずは自分から。そして、一人ひとりが制限から解放され、自由になることでしか世界は変わらない』と信じている私のハートに響きました。映画のタイトルである「E-Motion」とは、「感情(Emotion)」=「E(Energy:エネルギー)」の「Motion(動き)」という意味であることもとても印象深かったです。やはり、その観点からすると、肉体は私達に大切なことを伝えてくれる“メッセンジャー”であり、感情というエネルギーを「いい」「悪い」で裁かず、抑え込まず、無視せずに感じきることがいかに重要であるかが理解できます。
私の正直な感想はというと、目からうろこが落ちるような素晴らしい映画ではあるけれど、全体を通して「心身のアンバランス(病気)」と「未消化の感情」との関係性が、スピリチュアル、量子物理学等、様々な角度から語られており、情報量が半端じゃなく多い!もう一度観ないことには、うまく咀嚼、消化、吸収できないなぁと感じています。

E-Motion」は、劇場公開はされず、公式サイトから、DVD、ブルーレイ、またはデジタルストリーミングを購入してご覧いただくという形になります。また、現時点で日本語訳での字幕や吹き替えはなく、英語のみですが、ご興味のある方は、ぜひ下記URLをクリックしてみてくださいね。

E-Motionオフィシャルサイトhttp://www.e-motionthemovie.com/
映画の購入http://www.e-motionthemovie.com/store/
Facebookページhttps://www.facebook.com/emotionthemovie




GO TOP