セッション後のおまじない

晴天続きのサンフランシスコ・ベイエリアから高野ひろ子がお届けします。

通常、エモーションコード、ボディーコードのセッションを受けた方のほとんどが、終了直後から身体や気分が『軽くなった!』とおっしゃいます。また、時には『何も感じない』という方も・・・。その方それぞれに必要な癒しや気付きが、起こるべきタイミングで起きてくるので、なんでもOKで大丈夫なんですが、たま~に、少数ではありますが、セッション直後のクライアントさんから、

『リリースしたはずの感情が湧き上がってきて苦しい・・・』
『何とも言えないいや~な気分に包まれています』
『セッション直後は消えてなくなってしまった腰痛が、翌朝、酷くなって戻ってきました』

というご連絡を受けることがあります。
そんな時に効果を表すのが、以前参加したDr.ネルソンのWebセミナーで学んだおまじないなんです!セッション終了後、『ネガティブな副作用や好転反応は出ません』と強い意図を持ってマグネットで経絡を辿ると、あら不思議!感じていた“嫌な気分”や“感情の揺れ”、“セッション前よりも酷く感じる痛み”等のヒーリングクライシスが、なくなったり軽減されたりするとクライアントさんからのお墨付きを頂いております(*^^)v 

ケースによっても様々ですが、セッションで有害なエネルギーのリリース、及びアンバランスの調整を行ったことで自己治癒力が急に高まり、大きく振り子が揺れたように、激しい調整反応(好転反応)が起こっているのかもしれません。また、これまで当たり前のように肉体やエネルギー体に存在していた“有害なエネルギー”のエコーを感じておられるのかもしれません。理由はどうであれ、以前のブログエントリーでもお伝えしましたが、エモーションコード、ボディーコードは“エネルギーの外科手術”。おまじないも大切ですが、有害なエネルギーのリリース後は、切開手術で腫瘍等を取り除いた時のようにアフターケアが必要です。

アフターケアとして、セッション後に一番気をつけていただきたいのが、水分補給。体内にあった毒素を流し出すためにも、いつもよりたくさん水やお白湯を飲んでください。次に、休養。眠くなったら寝る、疲れたら無理せずに休む等、自分をいたわるいいチャンスだと思ってゆったりと過ごすこと。とっても大切ですよ!くれぐれもご自愛くださいね。

GO TOP