『しまった!』と思った時の対処法

サンフランシスコ・ベイエリアからこんにちは。高野ひろ子がお届けします。

さて、先日、Healer's Libraryからの記事を引用し、化学甘味料の害、そして「食品表示のラベル」をチェックすることの大切さについてこのブログに書きました。では、情報をお伝えしている私の食生活はというと、家で食事をする時には、できる限りオーガニックでナチュラルなものを選び、加工食品は避けて手作りを心がけていますが、正直、パーフェクトからは程遠くなることも多々あります。
なぜかというと、私は公私共に長期で家を空けることが多く、外食が中心になるからなんです。当たり前ながら、外食となると完全に私のコントロール外で、食材の仕入れに立ち会ってオーガニックを買えとか食品表示のラベルをしっかいり読めとか命令できないし、オーダーと同時に厨房に飛び込んで化学調味料を入れないよう監視するわけにはいきません(^_^;) 
近年、年に一回の断食、エモーションコードやボディーコードで心身のデトックスし始めて以来、防腐剤や保存料、化学調味料等の食品添加物には、以前とは比べ物にならないぐらいに敏感に身体が反応するようになりました。食後、舌がピリピリしたり、喉が異常に乾いたり、耳たぶがかゆくなったりしたら、身体からの『NO!』のサインです。酷い時には顔中に蕁麻疹が出て腫れあがったりもしますが、それはかなり悲痛な身体からの叫びだと言えます。

そんな私が外食の時に使う「裏技」を、ここでシェアーさせていただきますね。

先ず、食事が運ばれてきたら、お皿の上、または横に両手をかざし、食べ物に愛のエネルギーを送ります。他のお客さん達から“あやしい”と思われたくない方(!?)は、手をかざさずとも、愛のエネルギーがハートからふんだんに放出され、食べ物を包み込んでいるとイメージしてください。次に、それを楽しく、おいしく、感謝しながらいただきます。食後、もし胃腸の辺りにいつもとは違う不快感があったり、喉が異常に渇く等の症状が出た場合、また出なくても『ひょっとすると身体がネガティブな反応を起こす何かを口にしてしまったかも???』と直感的に感じた場合には、それらが身体から出ていくと意図しながら、手やマグネットで顔の前から頭の後ろにかけて好きな回数だけ辿ることにしています。
併せて、サプリメントとして液体状のフルボ酸を毎日摂取し、身体にとって有害な物質をスムーズに排出できるよう心がけています。

いかがですか?不要なものは自然に排毒できる体作りって大切ですよね。
簡単な「裏技」ですので、興味のある方はぜひ一度お試しくださいね。
そして、感想もお聞かせください!(^^)!


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。