Everytime we open a new window on universe...

最近、時間について考えることが多くなりました…なんて言ってる場合じゃないくらい、寒くなったロンドンからカエコがお届けしています。

何を隠そう、私はロンドン大学のゴールドスミスカレッジで修士課程を取得しているのですが、修士論文のテーマが時間に関わるものでした。当時は、それに関する本を読んでどっぷり浸かってました。今、当時の論文読むと書き直したくなりますけどね。(笑)

あれから長い年月が過ぎ、時間の概念なんて日々の生活に則したこと以外では考えなくなってたのに…!最近「時間」づいてます。よくよく考えれば、7月に日帰りでパリへ行った時に一時間の時差を全く無視して行動したことが始まりだった気がします。シンクロがこの頃すごくて、よく時間・宇宙について考える機会があるんです…とか言うと「えっ」と思われるかもしれませんが、宇宙って以外と身近に感じられるんですよ。

IMG_5389.jpg


最近はもっと知りたいと思えば、大学とかに通わなくても頑張って本を(読んでも良いけど)読まなくても、インターネットでわかりやすくつくられたドキュメンタリーや講義が聞けますよね。本当に便利。カクミチオ先生始め、色々な物理学者、宇宙学者、プロの人たちの話を聞きながらミシンかけてます。(笑)宇宙のこと話してるんだけど、すっごい身近なのよって言えばわかるかしらこの感覚?

それでは、すごい身近で感じたことを例にあげますね。フェイスブックで私の大好きなクリエイターの1人、ツェツェのカトリーヌ・レヴィさんのインタビューが載ってました。即クリックでしょう!→パリ行きたいモーメント♡→過去のインタビューに島田順子さんのインタビューを発見→何となくクリック→70代とは思えない素敵な姿にほほう…→ちょっと彼女についてGoogleしてみよっかなぁ…→某新聞に載ってたインタビュー発見→「思い切って新しい扉を開けると、そこでは両手を広げてあなたを迎えてくれる」→放心…。これって正に宇宙の仕組みと同じだと思うんですよ。

ちょっとここで、ローレンス・クラウスさんがユニバースについて語るビデオをご覧ください。英語です。

島田順子さんが言ってることって、この学者さんが上のビデオで言っていることと全く同じ!!と感じた私。クラウスさんはですね、宇宙は人間の常識を超えるチャレンジを見せる時があるけれど、そによって人間の精神(マインド)が広がると言ってます。部屋に座って考えてるだけじゃだめなんだ、とわからない答えがあるからこそ面白いんだよと。答えを見つけるとその答えは人間の常識を超えた、想像を絶するような答えだから面白いんだと。これって正に正に私が日々実感していること。ハートの壁の話以来、色んなことに日々ワクワクしながら過ごしている私ですが、水星絶賛逆行中の時こんなことがありました。ふと「そういえば」という感じで2年前にやりたいと思っていたことを思い出しました。それは近所のパブの前庭を借りてクラフト作家のマーケットを開くこと。二年前はガッチガチにフルタイムの仕事をしていたので、「ふっ」と軽く鼻で笑って忘れる事にしたのでした。それが戻ってきました、逆行中に。それで何の期待もせず、誰にも相談せず、パブのランドロード(店長みたいなもので、主です)にぽんっとメールをしました。「返事くるかしら?」ぐらいで。そしたらすぐに返事が来て、電話で話したいと。自分がやりたい企画なのかまず知りたいと。ほほう、よござんすよーと思って即電話番号を書いて送りました。翌朝、電話で話しました。正直に二年前に感じたことや現時点では何の準備もできてない(空っぽ)だけど、やりたいです!と言うと、「気に入った!」とサポートしてくれることになりました。何かね、太っ腹で細かいことは任す!ぐらいの度量があるランドロードです。そして、(逆行中に)私も販売するEtsyからロンドンに住む作家で手作りで私のアンテナにひっかかる作品を選んでランダムにメールをしました。すごいですねー、どんどん返事が返ってくるんですよ!!島田順子さん然り、ビデオの学者さん然り、新しい扉は常に開けなきゃならないんですよね〜。で、色々考えて堅実に進めた時に限って上手くいかなかったり、頓挫するんですよね。でも「あ!あたしソレやりたいです!!」って両手を上げて、ハイハイ!言いながら進めると何となく賛同してくれる人がいるんですよねー。オモロイ=サプライズ☆

☆付けたし☆
ハイハイ!って言いながら進める…って書きましたが、これはよく小学生とかにありがちな暑苦しい「ハイッ!ハイッ!」のではありません。あくまで情熱はありながらも、どこかで覚めてる(冷めてるではない)んです。何か、ちょうどやってきた船に乗って向こう岸へ渡ったら意外と面白かったよ、ココみたいな感じとでも言いますか…。何かアツーくなってる感じとはちょっと違うんです。それを過ぎてちょっと「やってみるかー」と動き出すといろいろできちゃったみたいな感じです。頑張ってません、そんなに。でも「何となくなんとかなりそう」みたいな感じです。

人生って本当にちょっとしたことで変わっちゃうんだなぁと実感(コレ現在進行形)。一言で言うと、「以前は『明日がどんな日か』っていうのはもう決まったものだったけど、今は私が私の『明日』を決める。だからある意味、私に明日は(まだ)無いんだ」という感じです。さて、このシンクロがどう繋がって行くのか楽しみです。

というわけでロンドンでマーケットを企画してます。

GO TOP