セッション中に起こること(*^_^*)

サンフランシスコ・ベイエリアからこんにちは。高野ひろ子がお届けします。

早いもので、私がエモーションコードの認定プラクティショナーになってから間もなく2年、ボディーコードは認定を受けてから1年が経過しました。これまでいたビジネスの世界から大きくシフトし、本格的にヒーラーとしてセッションを始めた昨年の10月以来、予想を上回る数のクライアントさんの人生に触れさせていただきました。
今日は、エモーションコードのセッション中に良く耳にする、特に印象に残った、クライアントさんの感想、コメントをご紹介したいと思います。

1.  視界が広がり明るくなった!
【囚われた感情】を1つ、また1つリリースしていく内に、約90%のクライアントさんが、ほぼ例外なくおっしゃる言葉がこれなんです。セッション前には、あることさえ気付づかなかったモヤが、感情のブロックと共にリリースされた結果起こって来る現象で、この瞬間から、人生はもちろん、すべてがキラキラと輝き始めること間違いなし(^_-)-☆

2. 暑い!
『いつもは寒がりの冷え症なんですが・・・』とおっしゃる厚着のクライアントさんが、【囚われた感情】をいくつかリリースしたセッションの中間点で、暑い暑いと上着を脱がれたり、中には噴き出る汗をハンカチやティッシュで押えたり。特に冷え症ではなくても、多くの方がセッション中に体温の上昇を体感されます。目に見えないエネルギー的なブロックが、体中の“気”の流れはもちろん、血液の循環までをも妨げていたのでしょうね。

3. えっ、こんなことが原因だったの?!
エモーションコードの感情のチャートを使い、筋肉反射テストで体の中に閉じ込められてしまった未消化の感情を特定し、それがいつ、どのような出来事に関係しているのかがわかると、クライアントさんは、多くの場合、『えっ、そんな些細なことが原因なの?!』と驚きの声を上げられます。体の痛みや人間関係の問題、ネガティブなパターンの原因が、必ずしも人生で起こった”大きな出来事”であるとは限らないようです。無視する、抑えつけることで、未消化の感情は【囚われた感情】として肉体やエネルギー体に閉じ込められてしまします。重大な出来事に対して湧きあがる感情は、抑えつけたり無視したりできないぐらい大きなもの。よって、【囚われた感情】として閉じ込められてしまう確率が低いのではないかというのが、私の見解です。

4. すっごく簡単!!
不要になった心の中のがらくた。手放したいけど、今一つその方法がわからない。「わかっちゃいるけど止められない」状態から脱出したい。以前の私同様、そんな風に感じてらっしゃる方に、心身の苦痛の原因が、感情のチャートと筋反射テスト、マグネットでリリースできるとご説明すると、まるで狐につままれたような顔をされます。そして、実際にリリースして、すっきりした状態を体感されると、『不要な物を手放すって、実はすっごく簡単なんですね!!』とおっしゃるんですよ(*^^)v


いかがですか?ますますエモーションコードに興味が湧いてきませんか?
ピンと来たら、現時点では英語のみですが、開発者であるDr.ネルソンの著書「エモーションコード」をお読みになるか、ぜひ個人セッションを受けてみてくださいね。心の奥深くに眠る、あなただけのダイヤモンドが輝き始めますよ!

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。