マドリッドでのセミナーとその後

ご無沙汰しております。クリスマス一色となったロンドンよりカエコが書いてます。
img_5472.jpg
(ロンドンのデパートではクリスマスのデコレーションにかなりの気合いが入ります。これはセルフリッジというデパート。)

ロンドンは、まだそこまで気温は低くないのですが湿気が多く冷たい、割に汗をかくという風邪をひきやす〜い気候が続いてます。この天気、こちらではDamp(ダンプ)と表現するのですが、私もノドをやられました!すぐにボディコードでバランスを戻して痛みはひきましたが、念のため今日は大事をとって家を中心にのんびりすごそうと思います。明日は本番なので…ってこの話は最後に。

さて、11月の二週目、スペインのマドリッドで開催されたエモーションコードセミナーに参加をしてきました。Dr.ネルソンのセミナーといえば殆どがアメリカで開催されます。珍しく近くまできたのでロンドンから参加してみました。ところで、ヨーロッパ国内での移動はそれこそアメリカ国内で州から州への移動と感覚が非常に近いと思います。この頃は携帯にボーディングパスもおくれちゃうからラクラク。セミナーはDr.ネルソンの英語を同時通訳でスペイン語にし、二カ国語で行われました。みんなで試しに囚われた感情をリリースしてみたり、ハートウォールを取り合ったりと充実したものに。遠くは南米のメキシコから参加している方もいらっしゃいました。
IMG_5585.jpg
(囚われた感情について説明するDr.ネルソン。)

実はこのセミナーに参加する一週間前から、右側の首から肩甲骨にかけて痛みの余り夜も寝る事ができない程になっていました。原因は、今回企画しているクリスマスマーケットからくるストレス。最初は「何コレ、超楽しい!」とやり始めた企画でしたが、参加者が増えるにつれニーズも増え、心配も現実的なものとなり、ユニヴァースから「休め」との指示でしょうか、右手・右腕がロクに上がらなくなってしまうほどの痛みに見舞われたのでした。ボディコードをやったりやってもらったりして素直にリラックスすることにしました。これがですねぇ、不思議なことに!マドリッドへ発つという前日の夜に消えたんですよ〜。ちょっとびっくりしました。
IMG_5601.jpg
(マドリッドではシュールレアリズムの作品を堪能する時間もありました♪)

マドリッドから戻り、またイベントの企画に意識を向けました。しかし、飛行機がスパイラルを描きながらゆっくり降下していくイメージと共に情熱が冷めて行くのを感じた私は再びボディコードをやってもらいました。すると、いつものことながら、出てきたのは驚きの内容ばかり。突き詰めて行くと、3歳ごろにした怪我や11歳ごろにした怪我&病気が原因で起こった左頭頂骨や頭頂葉のゆがみが原因でした。これを元に戻すことができて本当に良かったです。

そして、今回初めてProcessingを実感しました。これは、リリースした後、それをプロセス(消化)する期間のことです。Dr.ネルソンがセミナーでも言っていましたが、その期間は個人差があるし、出方にも個人差があります。いつもは特に「身体が軽くなった〜♡」ぐらいなのですが、今回の私は、翌々日に色んな意味で無駄に動いて無理をしてしまいました。(笑)「あ〜、しんど」という気分の割に何も変わっていない現状。無理したもんだから喉も痛くなり、「風邪かも〜」と横たわった時に気付きました。あ!私、プロセスしてたんだ…と。

さ、そんな訳で今週末から始まります、そのイベント。ロンドンへいらっしゃる方、お住まいの方、ぜひぜひお越し下さいませ。今週末から3週末連続で開催いたします。パブの前庭ですが、こちらは子どもも入れるライセンスをお持ちのパブですのでお子様連れでもお越しいただけます。詳しくは個人ブログに載せております。


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。