ボディーコードのリトリートに参加しました!

皆さま、いかがお過ごしですか?サンフランシスコ ベイエリアの高野ひろ子です。
遅ればせながら、本年もどうぞ当ブログをご愛顧くださいますようお願いたします。

1月15日から17日までラスベガスで開催された、Healers Library主催、ボディーコード ユーザーと認定プラクティショナーを対象にしたリトリートに、現在ボディーコードの認定コースにチャレンジしているエモーションコード認定プラクティショナーの高柳美伸さんと共に参加いたしました。

drnelsonjean_20150126.jpg
Dr.ネルソンと奥様のジーンさん)

今回のリトリートは、「Ultimate Health, Wealth & Relationship (完璧な健康、富、人間関係)」のテーマ通り、1日目は「Health (健康)」、2日目は「Wealth (豊かさ)」、最終日は「Relationship (人間関係)」にフォーカスして進められました。リトリートでは、ボディーコードで使う「マインドマップ」と呼ばれる特別なチャートの中にあるカテゴリーやサブカテゴリーの適切な使い方や掘り下げ方はもちろん、クライアントさんの持つ根本的な原因を探るために不可欠な潜在意識への質問の仕方、直観を研ぎ澄ます方法、お金に対する正しい概念、クライアントさんとの接し方やプラクティショナーとしての立ち位置やあり方等を、Dr.ネルソンとスタッフの講義と参加者同士の実習(ペアワーク)を通して学んでいきます。一昨年夏、ユタで開催されたボディーコードのセミナーにも高柳さんと参加しましたが、当時と比べると、ボディーコードをクライアントさんとのセッションや自分自身に日常的により頻繁に使うようになったせいか、講義の内容の理解度も増し、ずっしりとした重みと深さがある情報のすべてをハートで受け止めることができました。

pair work_20150126
(お金に対するブロックや否定的な観念についてのペアワーク中)

また、実習で他のプラクティショナーのセッションを受けるのも、とても貴重な体験のひとつでした。自分自身でエネルギーブロックのチェックをしている時とは、質問の切り口が違うせいか、表面化してくる答えも意外なものだったりしてとても面白かったです。やはり他人のフィルターを通してチェックすることもたまには必要なんですよね。リトリートで学んだことを、日本人プラクティショナー仲間に早速シェアしましたので、今後のセッションに生かされるかも?!どうぞご期待くださいね。

お勉強以外では、ほとんど人がいない廊下でばったりと会ったDr.ネルソンに、エモーションコードの日本語訳がどれほどまでに日本人に必要とされているかを熱~く熱~く語らせていただきました\(^o^)/ Dr.ネルソン曰く、最終的な編集は完了したそうですが、書店に並ぶまでにはまだもう少し時間が必要とか。本当に待ち遠しいですよね~。

集合写真_20150126
左からDr.ネルソンの長女でありスタッフのナタリーさん、Dr.ネルソン、奥様のジーンさん、高柳さん、高野)


関連URL:
ボディーコードのリトリートで心に残ったお話し~「ハートから生きる」
ボディーコードのリトリートで心に残ったお話〜「私が源!」



GO TOP