直感とガネーシャとエモーションコード

華やかな爆竹の音と共に明けたチャイニーズ・ニューイヤー(旧正月)も過ぎ、静けさを取り戻したサンフランシスコ ベイエリアから高野ひろ子がお届けします。

エモーションコードとボディーコードの開発者であるDr.ネルソンは、敬厳なクリスチャンであり、セッションは必ず祈りと共にスタートするよう私達に提案されます。セッションは、創造主とクライアントさん、プラクティショナーとの共同創造であり、人智を超えた天からのサポートを最大限に受け取るための祈りです。
私はというと、いつもではありませんが、スイッチを入れる意味も込めて、クライアントさんと共に黙祷をしてからセッションを始めることがあります。そして、かかさずしていることは、セッションの直前に、目を閉じて呼吸に意識を向け、一人静かな時間を持つことです。では、どうして祈りではなく黙祷なのかと言えば、いかなる宗教にも属していない私は、正式なお祈りの言葉を知らないという単純な理由だけ。去年までは、黙祷中、心の中で静かに、クライアントさんとのご縁に対して宇宙に感謝を捧げていましたが、今年からは、『どうか私を宇宙の道具としてお使いください!』という思いが自然とわき上がってきたので、その言葉を素直に盛り込むことにしました。すると、どうでしょう!面白いことに、以前にも増して直感が冴え、普通の意識状態ではわからないだろうことが見えたり聞こえたりするようになったんです!今日もセッションの終わりにクライアントさんから、『腹をくくるって具体的にはどういうことですか?』というご質問を受けたんですが、それに対して、『起こってくる何事をも裁かず、大きな心で受け止めるということです』と澱みなくすらすらと私の口から答えが出るではありませんか?!そんな自分を第三者的に眺めて、へぇ、そうなんだ!?と自分自身で納得してるんですから面白いですよね。

また、今年に入って身近に感じるようになったのは、ヒンドゥ教の神、ガネーシャの存在。ガネーシャは、太鼓腹の人間の身体に 4本の腕と片方の牙の折れた象の頭をもった神。目の前に立ちはだかる障害を取り去り、ゴールへと導き、豊かさをもたらすと言われています。どうです?エモーションコード、ボディーコードと同じだと思いませんか。

zou_20150223.jpg
これは、我が家のドアにあるガネーシャの絵。
多分4年ぐらい前からあったんだと思うのですが、あまり身近には感じていませんでした・・・


旧正月も明けて2015年が本格的にスタートしました。
今年に入って強く意識し始めた“直感”と“ガネーシャ”は、『神様からのギフト「直感」を最大限に使い、これまで以上に見えない存在からのサポートを受けて、一人でも多くの方々の人生に違いを創り出せ』という天からのメッセージであると真摯に受け止めている次第です。


GO TOP