ボディーコード万歳!!

こんにちは。
東京在住のボディーコード認定プラクティショナー、高柳美伸です。

先週、驚いたことに、左の股関節が腫れて、台所での立ち仕事や階段の上り下りにも影響が出るぐらいの
痛みがありました。
痛みは、日に日に増してきます。
股関節といえばリンパ腺・・・そんなところにしこりが出来たら・・・まさか「リンパ腫」かしら?などの思いが頭をよぎります。
ネット検索してみたら、どうやら「鼠蹊部ヘルニア」の症状のようです。
中高年の男性に多い・・・!
えっ!?
病院に行くという選択もありましたが、いえいえ、こんな時こそ、ボディーコード!ということで、セルフセッションをしてみました。すると、どうでしょう。翌日には、腫れが引き、辛かった痛みも気にならないくらいに軽減。でも、まだ、しこりのような、腫れの後のような、浮腫のような感覚が残っていたので、更に、セルフチェックした
結果、その日以来、痛みも腫れもなくなったのです!
もし、ボディーコードをせずに病院に行き、「鼠蹊部ヘルニア」という診断がくだったとしたら、手術を迫られることになったでしょう。手術をしたらリハビリ等で回復までに時間がかかったでしょうし、そうなったら「
私の生活はどうなっていたのか?」と想像して正直恐ろしくなりました。同時に、私が認識していない不要な感情のエネルギーが、”股関節の痛みと腫れ”という現象として現れてくれたお蔭で、”被験者”としての実験ができたのはとてもラッキーでした。

ボディーコードを学んで一番良かったと感じるのは、何かの問題が表面化した際に、
そのことに正面から向き合えること。
ボディーコードを使えば、現象として起きていることを「見つめ」、

根本的原因となるものを「見つけ出し」、それを根こそぎ「手放す」こと
を淡々と行う事ができます。
そこには、痛みや不安、恐れからの自分の感情は伴わず、ただ、
客観的に「見つめ」、「探し出し」「手放す」の繰り返しがあるだけです。
リリースによってエネルギーの循環が良くなると、「本当の私」が輝き出し、浮かび上がってきます。
その状態で、病院に行くべきか、このままヒーリングを続けるべきなのか等、無限の選択肢の中から自分に一番必要、かつ最善なものを選ぶ事ができるでしょう。(※ボディーコードもエモーションコードも医療行為ではありません。念のため)
また、「ボディーコード、エモーションコードが広まれば、世界平和になる!」というDr.ネルソンの言葉通り、ボディーコード(エモーションコードもですが)でのリリースは、自分のみならず
家族や血縁にも影響を及ぼし、それが日本へ、アジアへ、
世界へ、地球へと広がっていくと私も心底信じています。

ボディーコード万歳!!
開発者の、Dr.ネルソンに心から感謝!
本当に素晴らしいヒーリングツールです!

最後になりましたが、スケジュールの関係上、これまでは一般公開していなかったボディーコードの個人セッションのご案内を、7月末からホームページにてスタートいたしました。画期的なエネルギーヒーリング、ボディーコードを、一人でも多くの方に体験していただきたいと心から願っております。

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。