ジャッジメントなく、ありのままを受け入れる

サンフランシスコ・ベイエリアからこんにちは!
高野ひろ子です。

今年に入ってからずっと外へ外へと向かっていたのを6月以降は逆方向へとシフト。
現在、「自分」にフォーカスする「内なる旅」を楽しんでいます。

ずっと聞けずに録音したまま放置されていたウエビナーを聴いたり、
手つかずのまま山積みの本を読んだり、
気になりつつも手付かずだったことをネットで調べたりして
自分に”肥やし”を与えるのはもちろんのこと、

普段、忙しい時にはついつい後回しになりがちな自分自身へのケアも、
自分で自分にボディーコード(エモーションコード)のセッションをして
積極的に取り組んでいます。


今日は、クライアント様からよくお問い合わせをいただいたり、
自分自身でも身を以て体験した、
セッション後に起こりうる代表的なこと
についてシェアさせていただきます。

以前、このブログでお話ししたことと重複する点もあるかと思いますが、
どうぞ最後までお読みくださいね。


■ 眠〜い!

sleeping_20160629.jpg

ハートの壁」等、複数の感情的ブロックをリリースした後や、
初めてのセッション終了後に、多くの方が体験するのが 眠気

滅多に昼寝しないのが、強烈な睡魔に襲われて大爆睡!

不眠に悩まされていたのに、朝までぐっすり!


という施術後の声を聞くことも稀ではありません。
(逆に「目がらんらんと冴えた」という方もいらっしゃいますが・・・(^ ^))

両肩に担いでいた重い荷物を下ろした時に、ホッとして体の力が抜けるように、

長年抱え込んできたエネルギーブロックをリリースした途端、
体が緩み、疲れをどっと感じた結果の眠気かもしれません。


実は、つい先日、自分自身でも、両瞼が勝手に閉じてくるほどの眠気を体験しました。
全く使い物にならなくて、ただただソファーで寝てばかり。
これもきっと、日々行っているボディーコード(エモーションコード)の
セルフセッションによるものだったのでしょう。


■ 感情が揺れる

emotions.png

リリースした感情の”エコー”を感じる。

わけもなく急に涙が出て、思いっきり泣いた後はすっきり!

いつも以上に過剰反応して腹が立ったり落ち込んだりした。


ということもセッション後に起こることがよくあります。

これも、最近の私の実体験ですが、
普通だったら心が揺れることがないような誰かの言葉が
ぐさりとハートに突き刺さり、怒りと悲しみが混ざったような感情を感じました。

その感情を認めてから一歩下がり、よくよく見てみると、
ちょうど前日のセルフセッションでリリースした7歳頃のある出来事で、
実際に体験した感情と似ていることがわかりました。
私は、その時感じた感情のエコーを再度感じることによって、
リリースの総仕上げをしていたのだと思います。


■ 喉がカラッカラ!

mizu_20160629.jpg

エネルギーワークは、とっても喉が渇きます。
通常、あまり水分を取らない人でも、セッション後はたくさん水を欲するとおっしゃっています。

ボディーコード(エモーションコード)で、肉体、エネルギー体にあった
”毒性の高い滞り”を取り除いたのですから、なおさらの事!
『ネガティブなエネルギーの残骸があるからお水の力を借りて体外に出して!』
という体からのサインです。


私の経験では、セッション後、喉が渇いてるのを無視して、水を飲まないでいると、
頭痛、フラフラつき、体のだるさ等の症状が出ることがあります。





いかがでしたでしょうか?

最後に、
セッションの後、一番大切なのは、どのようなことが起こっても、

裁かず、焦らず、責めずに、ありのまま受け入れる。

眠かったら、ゴロンと横になってしばらく目を閉じる。
感情が湧きあがってきたら、
『あぁ、私、今、悲しいんだ』 『怒ってるんだね〜』等、
受け入れなくても、まずは一旦、ジャッジメント抜きで認識することをお勧めいたします。

また、ボディーコード(エモーションコード)は、
医療行為ではないこともお忘れなく!

ご病気や症状のある方は、変化を無視、我慢することなく、
必ず、お医者さまに相談なさってくださいね。


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。