自分自身を信頼する

恵みの雨降るアメリカはカリフォルニア、サンフランシスコ・ベイエリアからこんにちは!
ボディーコード®︎プラクティショナーの高野ひろ子です。

今年の後半に入ってから、
日本語でセッションができるエモーションコード®︎のプラクティショナーが、
日本、イギリスとカナダで新たに誕生しました。

また、クライアントさんの中でも、
プラクティショナーとのセッション以外に、
セルフ・メンテナンス的にエモーションコード®︎のセッションを
自分自身でしておられる方も何人かいらっしゃるようで、

ゆっくりとではありますが、確実に
エモーションコード®︎輪が
広がっていくのを感じています。

これからの展開がとっても楽しみですね〜^ ^


さて、最近、セッションをさせていただき感じるのは、

以前とは比べ物にならないほど多くの方が、
自分自身の内側に響く声、
体からのメッセージを
しっかりとキャッチしておられる


と言うこと。



例えば、先日、連続して3名、
「カフェインの害」が体に長年にわたって蓄積されており、
それが原因となって心身に何らかの不具合が生じている
と言うことがボディーコード®︎のチャートで分かった方が
いらっしゃいました。

20161016_cafein-j.jpg


とても興味深いと感じたのは、
三人三様の感じ方と対処の仕方です。


お1人目は、まったく自覚症状なし。

これは、これまでの大多数を占める反応です。


お2人目は、最近になってから自覚症状があったけれど
カフェインの摂取を止めずに続けておられた方。


セッションで結果が出る前から、コーヒーやお茶、チョコレートを口にすると
必ずといって眠れなかったり、胸苦しくなったり、お腹を壊したり等
既に『なんか変だなぁ』と感じていらっしゃったそうです。


3人目の方も2人目の方同様、
カフェインの影響を感じていらっしゃいましたが、
セッション前から体の声をキャッチして、
コーヒーやお茶、カフェインの摂取を一切ストップ。


それにより心身の不調がかなり改善していたそうです。


セッション後、

自覚症状がなかったお一人目の方には、

体は、様々な心身のアンバランスを教えてくれる
大切な翻訳機であるから、
もう少しだけ体に意識を向けて
メッセージをキャッチするよう
心がけてくださいね


とお伝えしました。


自覚症状をキャッチできたけれど、
それに対して特に何もしなかった方からは、

『コーヒーやお茶、チョコレートは
生活になくてはならないもので、
いくら期間限定でもきっぱりと止めるのは
難しい・・・量を減らすことで対処できますか?』


体からのメッセージを受け取って従った人からは、

『本当にそれで良かったんでしょうか?』

と言うご質問をいただきました。


皆さんならどうお答えになりますか?

きっぱりと止めなさい!それとも、どうぞお好きに?


私からのお答えは、こうです。


『すべてはご自身の選択であり、
間違いも正しいもないと思いますよ。

ご自身の体からのメッセージが
しっかりとキャッチできているので、
それを無視せず、
ご自身の内側に向けて

”どうしてほしい?”
”どうしたら、軽く、楽になる?”
と問いかけてみてください。

きっと答えが返ってくるではないでしょうか?』



物事、自分自身の選択に
”正しい”や”間違い”がなければ、
結果によって振り回されたり、
自分を責めることはないでしょう。


『あっ、ちょっと違うかも??』

と感じたら、すぐに方向転換して
次なる選択をする。

ただそれだけです。


そして、

大切なのは、

自分自身に意識を向けて
体や内側からの声をキャッチすること、
その声を信頼すること。



それには、ある程度のトレーニングが必要で、
筋トレを重ねるたびに
強く太くしなやかになっていく筋肉と同じ。

2016_kintore.jpg

トレーニングをしてもしても
まだまだ「信頼」を妨げる何かがあると感じたら、
ボディーコード®︎、エモーションコード®︎でリリースしましょう!!


”あなたの師は、あなた以外に存在しません。”




英国ロンドンよりこんにちは!

皆様、初めまして!


イギリスのロンドン在住の加古百合子と申します。2016年8月にエモーションコードの公認プラクティショナーとなりました。


エモーションコードとの出会いは、2015年の秋。イギリスのロンドンで、このブログでも執筆している中川佳英子さんのセッションを受けたことがきっかけです。初めてのセッションのあと、「私が長年求めていたのはこれだ」と強く実感したのを覚えています。半年ほど定期的にセッションを受け、とにかく様々な日常のことに改善が見られました。そこで、今後の自分のメンテナンスのためにもこの方法をしっかりと勉強したいと思い、翌年資格を取得。


大学卒業後は、日本、イギリスの両国で会社員として様々な業界に携わりました。仕事にも面白さを感じ、同僚にも恵まれていましたが、それと同時に常に自己肯定感の低さ、恐怖心、そしてひどい肩こりや疲れやすさなど、様々なストレスを抱えて生活していました。それが過去の経験に関係していることはわかっていたのですが、それをどうしたら解決できるのかがわからないまま何年も過ごしていました。その間。カウンセリングや服薬、各種セラピー等いろいろな方法を試し、効果を実感できたものもありましたが、決定打とはならず。


そんな中で出会ったのが、エモーションコードでした。
初めは半信半疑でしたが、約半年間定期的にセッションを受け、たくさんの驚くべき効果を体感しました。自分にピッタリの方法に出会えたことで、人生が変わるきっかけとなりました。


この経験から、エモーションコードをしっかりと勉強したいと思うようになり、資格を取得して公認プラクティショナーとなった次第です。私のゴールはシンプル・・・それは、私がエモーションコードと出会って得られた効果を、他の方にもお伝えしていくことです。




現在はロンドン市内での個人セッションのみならず、スカイプなどを利用した遠隔セッションでイギリス、日本を始め、世界中の方々とセッションをさせていただいています。



どうぞ、よろしくお願いいたします。




加古百合子

ジャッジメントなく、ありのままを受け入れる

サンフランシスコ・ベイエリアからこんにちは!
高野ひろ子です。

今年に入ってからずっと外へ外へと向かっていたのを6月以降は逆方向へとシフト。
現在、「自分」にフォーカスする「内なる旅」を楽しんでいます。

ずっと聞けずに録音したまま放置されていたウエビナーを聴いたり、
手つかずのまま山積みの本を読んだり、
気になりつつも手付かずだったことをネットで調べたりして
自分に”肥やし”を与えるのはもちろんのこと、

普段、忙しい時にはついつい後回しになりがちな自分自身へのケアも、
自分で自分にボディーコード(エモーションコード)のセッションをして
積極的に取り組んでいます。


今日は、クライアント様からよくお問い合わせをいただいたり、
自分自身でも身を以て体験した、
セッション後に起こりうる代表的なこと
についてシェアさせていただきます。

以前、このブログでお話ししたことと重複する点もあるかと思いますが、
どうぞ最後までお読みくださいね。


■ 眠〜い!

sleeping_20160629.jpg

ハートの壁」等、複数の感情的ブロックをリリースした後や、
初めてのセッション終了後に、多くの方が体験するのが 眠気

滅多に昼寝しないのが、強烈な睡魔に襲われて大爆睡!

不眠に悩まされていたのに、朝までぐっすり!


という施術後の声を聞くことも稀ではありません。
(逆に「目がらんらんと冴えた」という方もいらっしゃいますが・・・(^ ^))

両肩に担いでいた重い荷物を下ろした時に、ホッとして体の力が抜けるように、

長年抱え込んできたエネルギーブロックをリリースした途端、
体が緩み、疲れをどっと感じた結果の眠気かもしれません。


実は、つい先日、自分自身でも、両瞼が勝手に閉じてくるほどの眠気を体験しました。
全く使い物にならなくて、ただただソファーで寝てばかり。
これもきっと、日々行っているボディーコード(エモーションコード)の
セルフセッションによるものだったのでしょう。


■ 感情が揺れる

emotions.png

リリースした感情の”エコー”を感じる。

わけもなく急に涙が出て、思いっきり泣いた後はすっきり!

いつも以上に過剰反応して腹が立ったり落ち込んだりした。


ということもセッション後に起こることがよくあります。

これも、最近の私の実体験ですが、
普通だったら心が揺れることがないような誰かの言葉が
ぐさりとハートに突き刺さり、怒りと悲しみが混ざったような感情を感じました。

その感情を認めてから一歩下がり、よくよく見てみると、
ちょうど前日のセルフセッションでリリースした7歳頃のある出来事で、
実際に体験した感情と似ていることがわかりました。
私は、その時感じた感情のエコーを再度感じることによって、
リリースの総仕上げをしていたのだと思います。


■ 喉がカラッカラ!

mizu_20160629.jpg

エネルギーワークは、とっても喉が渇きます。
通常、あまり水分を取らない人でも、セッション後はたくさん水を欲するとおっしゃっています。

ボディーコード(エモーションコード)で、肉体、エネルギー体にあった
”毒性の高い滞り”を取り除いたのですから、なおさらの事!
『ネガティブなエネルギーの残骸があるからお水の力を借りて体外に出して!』
という体からのサインです。


私の経験では、セッション後、喉が渇いてるのを無視して、水を飲まないでいると、
頭痛、フラフラつき、体のだるさ等の症状が出ることがあります。





いかがでしたでしょうか?

最後に、
セッションの後、一番大切なのは、どのようなことが起こっても、

裁かず、焦らず、責めずに、ありのまま受け入れる。

眠かったら、ゴロンと横になってしばらく目を閉じる。
感情が湧きあがってきたら、
『あぁ、私、今、悲しいんだ』 『怒ってるんだね〜』等、
受け入れなくても、まずは一旦、ジャッジメント抜きで認識することをお勧めいたします。

また、ボディーコード(エモーションコード)は、
医療行為ではないこともお忘れなく!

ご病気や症状のある方は、変化を無視、我慢することなく、
必ず、お医者さまに相談なさってくださいね。


動物と「ハートの壁」

サンフランシスコ・ベイエリアからこんにちは!
高野ひろ子です。

2016年6月も下旬。
夏至を過ぎて、今年も後半に入りましたね。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

さて、今日は、
動物達のお話 です。

動物も人間同様、エネルギーで出来ていて、
悲しい、嬉しい、怖い等の感情を持っています。
よって、人間に効果があるものは動物にも効果があって全く不思議ではありません。

エモーションコードの開発者、Dr. ネルソンの著書
The Emotion Code(エモーションコード)
にも、ドクターご自身が、馬や犬、猫に施術した時のエピソードが多数紹介されています。

エモーションコード、ボディーコードは
人間はもちろん、動物にもとっても効果的なのです!



まずは、
シンガポール在住のボディーコードプラクティショナー、吉田理美さんが、
Facebookのグループに投稿された猫のお写真とエピソードをご紹介します。

”喧嘩っ早いわりにはよく負け、かなり神経質なところもあった”オス猫さん。
左の施術前の写真では、なめすぎて胴体の毛がかなり抜けてしまっています。

ところがどうでしょう、

「数回に渡って、数々の囚われた感情、
そして、もちろんハートウオールも取り除いてあげたら、
数週間後には毛が全部生えて、今もずっとそのまま」


だそうです (^ ^)

右の写真、施術後は、健康そうで艶やかな毛並みをしていますよね?!

neko_20160623.jpg


お次は、
私が施術させていただいた6歳のメス猫、しーちゃん。
去年の春頃からくしゃみが止まらず、
腫れた目の上から膿が出てきたそうで、
蓄膿症が悪化しているのか、腫瘍ができているのか・・・
薬を飲んでもまったく良くならないということでした。

動物は、飼い主と一心同体で、
いい意味でも悪いい意味でも
お互いに影響し合うと聞いたことがありますが、
しーちゃんも例外ではなかったようです。

飼い主さまの「ハートの壁」を取り除くセッションを
まずさせていただいたところ、
症状が劇的に軽減!


しー20160623

続いて、しーちゃん自身の「ハートの壁」を取り除くと、
完治まではまだもう少しかかりそうですが、

今まで治療する時に嫌がっていたのが、抱っこさせてくれ、
手のひらをマッサージさせてくれるように!!


また、

飼い主さまとのコミュニケーションが
スムーズになって心の距離がより近くなり、
合わせて、弟猫との喧嘩が少なくなり、
お散歩がてら、仲良く玄関前まで行くようになった


との嬉しいご報告をいただきました。

しーとくー20160623


最後は、ハリネズミのポーさん。

po_20160616.jpg

出血が止まらないということでご相談を受けました。
小さな小さなハートを守っている「壁」を構成する感情を
筋反射テストで特定し、代理としてマグネットで取り除きながら、
ペット産業の負の部分について、
多くのことを考えさせられるセッションでした。

セッション後、
ポーさんは”虹の橋”を渡り、
光へと還っていきましたが、
飼い主さまにたくさんの学びをくれたとのこと。


詳しくは、セッションをご依頼いただいたMi'ilaniさんのブログをご覧くださいね。


いかがですか?

物言わぬ動物も、私達同様、
実にいろいろなものを抱えていることがわかりますよね。


ペットのお悩みをお持ちの方、
ページ右上にある「プロフィール」をご参照の上、
ピンッときたプラクティショナーにどうぞお気軽にご相談ください。




マカハから戻ってきて最初のセッション🌺

皆様、ご無沙汰しております。イギリス、ロンドンから佳英子が書いてます。

5月2日から6日まで、ハワイのマカハで行われたリトリートに参加していました。実はハワイは初めて!リトリートも初めて!
行く前からすでに私の学びは始まってて、行ってからそれが理屈じゃなく体験として私におりてきた感じでした。
主催者の一人は、こちらでもおなじみの高野ひろ子さんでした。
リトリートでの諸々は、私のブログに書いてますので、良かったらご覧くださいませ。

3女神と過ごした4日間
かわいいというアレルギー
ドルフィンスイム
マカハでの新月のアファメーション
私のラッキカラー、ピンク、オレンジ、イエロー
私のための旅
ただいま!

さて、戻ってきて一番最初にさせていただいたセッションは、もうすぐ初めてのお子さんを出産されるというMさんでした。
(先日、無事に元気な男のお子さんを出産されたとお知らせいただきました✨)

実は妊婦さんとのセッションはこれが初めてでした。出産直後や子育て中のお母さんたちとはありますが、妊婦さんとは初めてでした。
セッションを経て、女性は妊娠した時からお母さんになってるんだわ〜💛と実感しました。
妊娠中の女性は本当に様々なことを経験することもよくわかりました。体の変化、心の変化…。そんな中、我が身よりもお腹の中にいるお子さんのことを第一に思う姿に感動しました✨

そんなお母さんたちの一人であるMさんから頂いたメッセージを許可を得てシェアさせていただきますね!

佳英子様

無事に一昨日、2496gの元気な男の子が誕生しました。
産まれて直ぐに元気な泣き声を聞かせてくれました。

色々と心配したり、辛かったことも全部吹き飛びました。

これから、親としてこの子にも、たくさんの愛情を注いで行こうと決意できました。

佳英子さんから頂いたメールを何度も読み直し、手術に臨むことができました。

本当にありがとうございました。

Mより


私も本当に嬉しいです。これからも一瞬一瞬を楽しんでくださいね〜!!💛💛💛

IMG_1378.jpg
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。